1. ホーム
  2. ロードバイク初心者基礎知識
  3. ≫ロードバイクの空気入れの選び方・おすすめ【TOPEAK】

ロードバイクの空気入れの選び方・おすすめ【TOPEAK】

ロードバイクの空気入れの選び方・おすすめ【TOPEAK】

オンラインバイクショップWiggle

ロードバイクに乗るなら高圧対応の空気入れが必要になる

ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車の特徴と言えば細いタイヤです。そのためタイヤの中のチューブに多くの空気を入れるには空気圧を上げる必要があり、ママチャリ用の空気入れでは役に立ちません。

そのためロードバイクに乗るには高圧に対応した空気入れ(フロアポンプ)が必需品となります。ここではロードバイク用の空気入れの選び方やおすすめを紹介していきます。

フロアポンプ【Wiggle】

ロードバイクに適した空気入れの選び方・ポイント

わざわざ空気入れを買わなくても家にあるから大丈夫と思う人がいるかもしれません。しかしママチャリ用の空気入れではチューブに空気を入れることすらできません。

ロードバイクには仏式バルブに対応した空気入れを選ぶ必要がある

ママチャリのチューブは英式バルブとなっており、ホームセンターなどで購入できる空気入れも英式対応となっているものがほとんどです。しかしロードバイクのチューブは仏式(フレンチバルブ)なので、仏式に対応した空気入れを選ばないと空気が入れられません。

もしロードバイクだけでなくママチャリと空気入れを併用したい場合は、仏式・米式・英式など数種類に対応できる空気入れがあるのでそちらを選ぶようにしましょう。

ゲージが付いているのか

ロードバイクのタイヤには、ママチャリでは考えられないほどの高圧で空気を入れます。そのためタイヤを指で押して『このくらいかな?』などと感覚的に判断する程度ではダメで、適性空気圧になるように正確に入れる必要があります。正確な空気圧を見るためにはゲージが必要ですが、ゲージ付きのフロアポンプを選べば別途購入する必要がありません。

携帯用の空気入れは普段使いには適さない

パンク修理用としてロードバイクに携帯用ポンプを積んでいると思いますが、この携帯用ポンプを普段のエア補充に使うことはおすすめできません。たしかに空気を入れることは可能ですが、適性空気圧にするには相当な回数ポンピングする必要があり、ロードバイクで走りだす前に疲れてしまうからです。携帯用の空気入れはあくまで応急処置用として使うようにしましょう。

これらの条件を満たした空気入れを用意するようにしましょう。高圧対応であることはもちろんのことです。


 

ロードバイク用空気入れのおすすめとは

ロードバイク用空気入れに必要な条件は『高圧対応』『仏式バルブ対応』『ゲージが付いている』ということは分かって頂けたと思います。これらの条件を満たすフロアポンプのおすすめメーカーが『トピーク(TOPEAK)』です。

トピーク フロアポンプ【楽天】

トピーク フロアポンプ【Amazon】

自転車用アクセサリーの老舗メーカーとして有名なトピーク社ですが、フロアポンプも多くのロードバイク愛好者から高い評価を受けています。

私はトピークのジョーブロースポーツを使っていますが、それほど力を入れなくても適性空気圧まで高めることができ、トラブルに見舞われたこともないので重宝しています。ヘッドも仏式・米式・英式に対応(英式はトンボ口金を使用)しているので、ママチャリでも使うことができ便利でおすすめです。

ロードバイクにとって空気入れは重要なアイテムなので、ケチらずに良いものを選ぶようにしてください。

 

細いチューブ内にパンパンに圧を高めた空気を充填するので、一週間経つと結構空気圧が下がるのがロードバイクの特徴です。そのためロードバイクに乗る前には、必ず空気圧チェックとエア補充をしなければなりません。それには使いやすいフロアポンプが必要となります。

シェアをお願いします

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

  1. Wiggle
    海外の通販ショップならWiggle。完全日本語対応ホームページや日本人のカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
  2. ワールドサイクル
    ワールドサイクル

    豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
  3. Be.BIKE
    Be.BIKE

    こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。