1. ホーム
  2. ロードバイク初心者基礎知識
  3. ≫ロードバイクをディスクブレーキ化するメリット・デメリット

ロードバイクをディスクブレーキ化するメリット・デメリット

ロードバイクをディスクブレーキ化するメリット・デメリット

オンラインバイクショップWiggle

ディスクブレーキ化したロードバイクが増加中

近頃ディスクブレーキを搭載したロードバイクが急激に増加しています。

UCIがプロロードレースでのディスクブレーキ使用許可を出した背景もありますが、各メーカーがディスクブレーキ搭載車の販売に力を入れているようです。

そこで今回はロードバイクをディスクブレーキ化するメリットデメリットや必要性についてまとめてみます。

ロードバイクのディスクブレーキとは

ディスクブレーキはホイールハブに取り付けられたローターとフレームに固定されたキャリパーで構成されて、回転するローターをキャリパー内にあるブレーキシューがはさみこんで制動力を得ています。

ディスクブレーキは制動力のコントロール性に優れているのが特徴です。制動力そのものはタイヤと路面グリップに左右されるのでロードバイクで一般的なリムブレーキと大差ありません。

しかしブレーキの効き始めから最大制動力に至るまでのコントロール性のよさはディスクブレーキが圧勝です。

ロードバイクをディスクブレーキ化するメリット・デメリット

ロードバイクのディスクブレーキのメリット

制動力のコントロール性に優れる

前述したように制動力そのものはリムブレーキと大差ありませんが、スピードコントロールの容易さはディスクブレーキの右に出るものがありません。

雨天でもブレーキの効きが落ちにくい

一度でもリムブレーキで雨中走行をしたことがある方は、ブレーキが効かない恐怖を体験していることでしょう。特にリムブレーキ+カーボンリムの組み合わせの雨中走行はまったく止まらないといっても過言ではありません。

ディスクブレーキは雨や泥による影響を受けにくく、雨中走行でも安定した制動力が得られるメリットがあります。

カーボンリムに熱害を与えない

カーボンリムをリムブレーキで長時間に渡って制御すると、高温になりすぎてカーボンリムが変形することがあります。

ディスクブレーキはローターがハブに固定されているのでリムに熱害を与えることがありません。そのため長時間のダウンヒルでもリムの損傷を気にすることなくブレーキを使えます。

ロードバイクのディスクブレーキのデメリット

専用のホイールやフレームが必要

ロードバイクをディスクブレーキ化するには専用のホイールやフレームが必要です。そのため手持ちのリムブレーキ用のホイールが使えずに買い替えを迫られる点がディスクブレーキの普及をさまたげています。

パーツ点数が増えて複雑になる

ディスクブレーキ化すると部品点数が増えるのと同時に構造が複雑になります。

高い精度が求められる

ディスクブレーキのローターとキャリパーのブレーキパッドの位置関係はとてもシビアです。ホイールの脱着を手荒に行うとローターとブレーキパッドの位置関係に影響を及ぼしてブレーキの効きが悪くなったり引きずったりします。

メンテナンスに知識と技術が必要

ディスクブレーキの調整やメンテナンスにはリムブレーキとはまったく違った知識と技術が必要です。特に油圧式のブレーキオイル交換やエア抜きは高度な知識と技術が要求されます。

回転するローターが凶器になる可能性がある

ディスクブレーキの最大の欠点がローターの危険性です。回転しているローターに触れて怪我をすることがプロロードレースでも問題になっています。

ロードバイクにディスクブレーキは必要なのか

急激なディスクブレーキ化の波を見ると、リムブレーキが衰退するのではないかと錯覚を覚えてしまうかもしれません。

しかし何度も書いているようにディスクブレーキ化しても制動力そのものはリムブレーキと大差がないので(雨天時は除く)、あわててディスクブレーキを搭載したロードバイクに買い換える必要はないと思います。

ロードバイクのディスクブレーキ化を押し進めているのはあくまでもメーカー主導であって、ユーザーの買い替え需要を狙っているものと理解したほうがよさそうです。

MTBで主導権を握るディスクブレーキですが、ロードバイクで積極的に選択する必要性はないと思います。市場が落ち着いてディスクブレーキ搭載車が半数以上を占めてから導入を検討しても遅くはないでしょう。

シェアをお願いします

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

  1. Wiggle
    海外の通販ショップならWiggle。完全日本語対応ホームページや日本人のカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
  2. ワールドサイクル
    ワールドサイクル

    豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
  3. Be.BIKE
    Be.BIKE

    こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。