1. ホーム
  2. ロードバイク用パーツ
  3. ≫ロードバイクのシートステーに取り付けるテールライトの選び方とおすすめ

ロードバイクのシートステーに取り付けるテールライトの選び方とおすすめ

ロードバイクのシートステーに取り付けるテールライトの選び方とおすすめ

オンラインバイクショップWiggle

ロードバイクの追突防止に必要なテールライト

ロードバイクに必要なライト類といえばヘッドライトテールライト(尾灯)です。

参考記事:ロードバイクに必要なヘッドライトの選び方とおすすめ

法律上は赤色反射板を装着していれば問題ありませんが、夜間やトンネル内の走行時に後続車へ存在をアピールし、追突を防止するためにもテールライトの装着をおすすめします。ここではロードバイクのテールライトの取り付け方法や選び方を紹介していきましょう。

*テールライトは赤色である必要があります。

ロードバイクに必要なテールライトの取り付け方法

テールライト(リアライト)【Wiggle】

テールライトには主に2種類の取り付け方法があります。

シートポストに取り付ける

サドルの下にサドルバッグなどを装着していないときには、シートポストにテールライトを付けることが多いようです。シートポストに装着する場合は走行中でもテールライトに手が届き、スイッチのオン・オフができるので便利です。

シートステーに取り付ける

シートポストにテールライトを付けられない場合には、後輪側面にあるシートステーに装着します。シートステーにテールライトを装着するときには、車からの視認性をアップさせるために、後方から見て右側のステーにテールライトを付けるようにしましょう。

その他にもサドルバッグやバックパック(リュックサック)、ヘルメットなどにテールライトを付ける人もいます。いずれにしてもしっかりと固定し、後続車からはっきりと認識できるようにすることが大切です。


 

テールライト選びのおすすめポイントは電源の種類と防水タイプ

自転車のテールライトには充電式電池式があり、それぞれに特徴があります。

充電式テールライト

テールライト充電式【楽天】

テールライト充電式【Amazon】

ヘッドライトと同様に、テールライトでも充電式を愛用する人が増えています。USBポートを使って充電するタイプなら、自宅や仕事場でも簡単に充電することができて便利です。電池式よりも多少高価ですが、電池代が掛からないので長い目で見ればお得と言えるでしょう。

電池式テールライト

テールライト電池式【楽天】

テールライト電池式【Amazon】

電池式の最大のメリットは、ロングライドなどで電池切れを起こした場合でも、交換電池さえあればすぐに復帰できることです。最近のLEDタイプは電池の持ちが良く、電池交換の頻度が減少していることも見逃せません。電池代が気になる場合は、エネループなどの充電池を使うことで、ある程度コストを抑えることができます。

テールライトを選ぶポイントが防水式

後輪に近い位置に取り付けられるテールライトは、防水式(全天候型)を選ぶことをおすすめします。たとえ雨中走行しなくても、水溜りなどを通過した時に後輪が跳ね上げた水がテールライトに掛かり、防水式でないと壊れやすいからです。

ロードバイク購入時に赤色(橙色)の反射板が付属してきますが、自らの存在を示し、後続車から身を守るためにも赤色テールライトの装着を強くおすすめします。

 

車体がスリムなロードバイクは、夜間の路上では発見されにくいことがあります。テールライトをロードバイクに装着するときには、車のドライバーから視認しやすい位置に付けるようにし、日中は点滅、夜間は点灯に切り替えて安全走行していきましょう。

シェアをお願いします

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

  1. Wiggle
    海外の通販ショップならWiggle。完全日本語対応ホームページや日本人のカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
  2. ワールドサイクル
    ワールドサイクル

    豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
  3. Be.BIKE
    Be.BIKE

    こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。