1. ホーム
  2. ロードバイク用パーツ
  3. ≫ロードバイクのブレーキシューをR55C4からBBBテックストップハイパフォーマンスに交換【レビュー】

ロードバイクのブレーキシューをR55C4からBBBテックストップハイパフォーマンスに交換【レビュー】

ロードバイクのブレーキシューをR55C4からBBBテックストップハイパフォーマンスに交換【レビュー】

オンラインバイクショップWiggle

ロードバイクのブレーキシューを交換

リムを攻撃し始めたシマノR55C4ブレーキシュー

最近ブレーキを掛けるたびに「ザーッ」という嫌な音がするようになってきました。ブレーキシューにアルミ片が噛んでいる現象なので、アルミ片を取り除いてシュートリムの当たり面をクリーニングしました。しかし走り始めて2~3回ブレーキングしただけでまた「ザーッ音」が発生。こうなるとクリーニングしても意味がなくて、リムを傷めまくるのでブレーキシューを交換です。

R55C4ブレーキシューのリム攻撃性に悩む

今回交換対象になったロードバイクのブレーキはシマノ アルテグラBR-6800で、ブレーキシューはR55C4、ホイールはカンパニョーロゾンダです。

R55C3からバージョンアップしたR55C4ですが、ウェット性能が高まったようです(私は雨中走行しないので違いを実感できませんが)。

R55C4はドライ時の制動力は全く問題ありません。効き始めが唐突過ぎる感もありますが慣れの問題です。しかし問題は一度熱を上げてしまうとシューが急激に硬化してしまい、プラスチック化したシュー表面がリムを研磨。削られたアルミ粉がシューに堆積してリムを攻撃する現象が起きてしまいます。

シューに異物やアルミ片が噛む現象は他のブレーキシューでも起こりますが、R55C4の問題は取り除いてもすぐに再発してしまうことです(R55C3は異物を取り除けば再使用できました)。

そのためシューが硬化するたびに新品のR55C4に交換していましたが、勾配15%以上のダウンヒルをすると一発で硬化してしまい財布に優しくないので、違うブレーキシューを探してみました。

選んだブレーキシューはBBB テックストップ ハイパフォーマンス

スイストップにしようと思いましたが、けっこうリム攻撃性が高くて値段も高いので却下。いろいろと調べた上で今回は「BBB テックストップ ハイパフォーマンス」を選んでみました。

制動力の高さはもちろんですが、リムへの攻撃性の低さが決め手になりました。

BBB製品はなぜか日本では二流扱いされていますが、グランツールに供給しているメーカーであり、海外では一流として認められています。

余談ですが、BBB製品でおすすめなのがテフロン加工されたブレーキワイヤー&シフトケーブルです。

ブレーキやシフトワイヤーの重さに悩んでいるなら、このテフロン加工ブレーキワイヤー&シフトケーブルに交換するだけで引きがかなり軽くなります。ワイヤー伸びが少ないので調整が変化しにくいのも、おすすめなポイントです。


 

ブレーキシューをBBB テックストップ ハイパフォーマンスに交換

ロードバイクのブレーキシューをR55C4からBBBテックストップハイパフォーマンスに交換【レビュー】

BBB テックストップ ハイパフォーマンスは、こんな立派なパッケージに入ってきます。1台分/4ヶ入りです。シマノ/スラム用がBBS-26HP、カンパニョーロ用がBBS-26CHPになります。

ロードバイクのブレーキシューをR55C4からBBBテックストップハイパフォーマンスに交換【レビュー】

ブレーキシューはこんな感じです。舟にはまる部分とリムに当たる部分が青色で、外周は白色で塗装されています。ロードバイクに付けるとけっこう白が目立つので、気になる人がいるかもしれません。

ブレーキシューの交換方法

ロードバイクのブレーキシューをR55C4からBBBテックストップハイパフォーマンスに交換【レビュー】

まずはシューの抜け防止ネジを緩めます(2mm六角レンチまたは+ドライバーを使用)。ネジを緩めたら車体後方に向けてブレーキシューを引き抜けば外れます。

ロードバイクのブレーキシューをR55C4からBBBテックストップハイパフォーマンスに交換【レビュー】

新しいブレーキシューを押し込んだら抜け防止ネジを締めます。舟の固定ネジを緩めて(4mm六角レンチを使用)ブレーキシューの位置を再調整します。

交換作業自体は簡単ですが、命に関わる部分なので慎重に行ってください。自信が無い方はプロショップに交換を依頼しましょう。

BBB テックストップ ハイパフォーマンスのレビュー

シューに爪が立つほど柔らかかったのでグニャリ感が出るかなと思いましたが、1発目のブレーキングで不安は解消されました。

R55C4は初期制動からガツンと効く感じですが、BBBブレーキシューはブレーキレバーの握り度合いに応じて一直線に制動力が高まっていく感じです。

最大勾配12%ほどのヒルクライムを2往復しましたが、わざと引きずるようなことをしてもフェードする感じもなく、ゴム質も硬くなっていませんでした。

タイヤがロックする領域でのコントロール性も素直で分かりやすかったです。なお、トーインを付けずにセットしましたが、ブレーキ鳴きやジャダー感は発生していません。

気になった点はシュー自体が柔らかいので減りは早そうです。それと白色部分がカスで汚れると目立ちますが、それらを差し引いてもおすすめできるブレーキシューだと思います。

特に長いダウンヒルでブレーキレバーを握る手が痛くなる人におすすめできます。力でコントロールするよりは握り量でブレーキの効き具合を調整できるので、手の痛みがかなり軽減されました。

 

ブレーキシューの制動力を高めるとリム攻撃性まで高まるので、妥協点を見極めるのがけっこう難しいですね。その点では今回交換したBBBテックストップ ハイパフォーマンスは、いいレベルにまとまっていると思います。ブレーキシューにアルミ片や異物を噛んだまま走行を続けている人をよく見かけますが、リムに致命傷を与えるだけでなく制動力が著しく低下するので、ブレーキシューとリムの定期的なクリーニングやメンテナンスが重要になります。

シェアをお願いします

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

  1. Wiggle
    海外の通販ショップならWiggle。完全日本語対応ホームページや日本人のカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
  2. ワールドサイクル
    ワールドサイクル

    豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
  3. Be.BIKE
    Be.BIKE

    こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。