1. ホーム
  2. ロードバイク用パーツ
  3. ≫ロードバイク初心者のビンディングペダルはSPDとSPD-SLどちらを選ぶ

ロードバイク初心者のビンディングペダルはSPDとSPD-SLどちらを選ぶ

ロードバイク初心者のビンディングペダルはSPDとSPD-SLどちらを選ぶ

オンラインバイクショップWiggle

ロードバイク初心者のビンディングペダルはSPDとSPD-SLどちらを選ぶべきか

ロードバイクに慣れてくるとビンディングペダル・シューズの使用をすすめられます。ビンディングペダルにすると引き足が使えたり、ペダリング効率が上がるといわれています。

ところがビンディングペダルにはSPDSPD-SLの2種類があって、初心者がどちらを選ぶべきなのか悩んでしまいます。そこで今回はロードバイク初心者が知っておきたいビンディングペダルの特徴や違い、選び方を紹介していきます。

ビンディングペダル・シューズの特徴

ビンディングペダルと専用のシューズを使うことでペダルとシューズが固定されて、人間とロードバイクが一体化します。

フラットペダルだとクランクへの入力はペダルを踏むときだけですが、ビンディングペダルの場合は足を引き上げる「引き足」でもクランクに入力できるので、ペダリング効率が格段に向上します。

スポーツ自転車に欠かせないビンディングペダルですが、自転車に乗っていないときの歩きやすさや快適性を犠牲にしているので歩行には向いていません。また脱着に慣れていないとペダルを外せなくて転倒してしまう「立ちゴケ」で痛い目に遭うこともあります。

しかしそれらデメリットを忘れさせるほどのメリットがあるので、ロードバイクやクロスバイクに慣れたらビンディングペダルを導入することをおすすめします。

なおビンディングペダルは各メーカーで形状などが異なりますが、ここではシマノが発売している「SPD」と「SPD-SL」について紹介しています。

ビンディングペダル・シューズの種類・違い

ビンディングペダルには「SPD」と「SPD-SL」の2種類があります。SPDがMTB用、 SPD-SLはロード用といわれていますが、SPDをロードやクロスバイクで使うこともできます。

MTB用といわれるSPDはクリートが金属製で小さいのが特徴です。MTBで使うだけあって泥が付着しても問題なくロックできるので、過酷な条件になりやすい通勤や通学で使う方が多くいます。

SPD専用シューズを使えばクリートが靴底から出っ張らないので、普通のシューズ並みとはいかないものの歩行しやすいのが特徴です。

SPDはクリートが小さいので固定力がSPD-SLより劣ります。またペダルにクリートキャッチするときに失敗する確率もSPDのほうが高いです。ロードバイク初心者にはSPDのほうがいいといわれますが、実際に使用するとはめにくくて外れやすいので熟練者向きと私個人は思っています。

SPD-SLはロードレース用に開発されたビンディングシステムなので、走行中の快適性や効率のよさはSPDの比ではありません。

SPD-SLのシューズはソールが非常に固くてペダリングに合った形状をしています。そのため大きいクリートと相まって歩き回ることにはまったく適していません。

クリートキャッチはSPD-SLのほうが楽と私個人は思います。固定力が強いのでダンシングやもがきでも外れることはありません。

ロードバイク初心者におすすめなビンディングペダル

純粋に走ることだけを追究するならSPD-SLをおすすめします。私も多くのロードバイク乗りのようにSPD→SPD-SLと経験してきましたが、ペダリングのしやすさや疲れにくさ、クリートキャッチなどすべての面でSPD-SLが優れていると実感しています。

通勤や通学で歩くことを重視するならSPDがおすすめです。しかしあくまでも「歩ける」というレベルなので、一日中SPDシューズを履いて移動することはおすすめできません。

SPD、SPD-SL共に普通の靴で乗ることも可能です(滑るのでスピードを出すことはおすすめできません)。

平日はロードバイクで通勤、週末はロングライドやヒルクライムを楽しむなら、平日は普通の靴、週末はSPD-SLシューズと使い分ければビンディングの威力を存分に楽しむことができます。二兎を追ってSPDを選ぶよりも、割り切ってSPD-SLを選ぶほうが幸せになれると個人的には思います。

 

判で押したようにロードバイク初心者にSPDをすすめる風潮がありますが、実際に使用してみると決して初心者向けでないことが分かります。通勤でもビンディングを使いたいならSPD-SLシューズでロードバイクに乗って、勤務先で普通の靴に履き替えるのが一番現実的と思います。

シェアをお願いします

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

  1. Wiggle
    海外の通販ショップならWiggle。完全日本語対応ホームページや日本人のカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
  2. ワールドサイクル
    ワールドサイクル

    豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
  3. Be.BIKE
    Be.BIKE

    こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。