1. ホーム
  2. ロードレーサーの装備アイテム・ギア
  3. ≫初心者からのロードバイク用グローブ選び

初心者からのロードバイク用グローブ選び

初心者からのロードバイク用グローブ選び

オンラインバイクショップWiggle

ロードバイクのグローブは重要です

ロードバイク用のグローブがあります。見た目は普通の手袋ですがロードバイク乗りに適した機能が備わっています。

前傾姿勢で乗るロードバイクは手でも体重を支えます。素手でハンドルを握るとすぐに疲れてしまいます。ロードバイク用グローブには、手のひら部分にスポンジのクッションが埋め込まれていて手の負担を軽減しています。

また、路面の凸凹もこのスポンジである程度、吸収してくれます。素手でロードバイクに乗っていて転倒すると手にケガをすることがあります。そのような場面でも、グローブをしていればダメージを和らげる効果があります。大切な手を守るためにもグローブは重要です。

 

ロードバイク用グローブには種類があります

ロードバイク用グローブには、通常の手袋のようなフルフィンガータイプと、指先が露出した指切りタイプがあります。指切りタイプは主に夏場で使用しますので薄めの素材で、手の甲部分はメッシュになっているものが多いです。ブレーキ&シフトレバーの操作感は指切りタイプのほうがダイレクトに感じられます。

冬場ではフルフィンガータイプを使用します。素材が厚めで手首まで覆うようになっています。また、防風・防寒性能に特化した素材を使用しているものもあり、高価ですが厳寒時には必需品になっています。

 

ロードバイク用グローブの選び方

男性用グローブ【Wiggle】
女性用グローブ【Wiggle】

ロードバイク用グローブもウエアと同様にサイズ選びが重要です。特に外国製品はメーカーによりサイズのバラツキが大きいので注意しましょう。

やはりグローブも実際に試着して購入することをおすすめします。女性用グローブももちろんあり、レディースサイズが展開されています。デザインも女性らしいものがあるのでオススメです。

最近では日焼け防止のために、夏でもフルフィンガータイプのグローブを使用する人が多くなっています。フルフィンガータイプにはスマホ対応のものも多く登場していますので何種類か用意するのもいいでしょう。

グローブのメーカーではシマノやパールイズミが人気です。これらのメーカーは日本人に合わせた作りになっているものが多いのでおすすめです。

なお、グローブを洗濯するときには洗濯ネットに入れて洗濯するほうがいいでしょう。夏は快適性や日焼け防止で選び、冬は防寒・防風性で選んで快適なロードバイクを一年中楽しみましょう。

 

ロードバイク用のグローブもウエアと同様に手にフィットしたサイズを選ぶことが大切です。通常の手袋で代用する人もいますが、ブレーキコントロールのしやすさや確実なシフト操作感は専用品には敵いません。

シェアをお願いします

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

  1. Wiggle
    海外の通販ショップならWiggle。完全日本語対応ホームページや日本人のカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
  2. ワールドサイクル
    ワールドサイクル

    豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
  3. Be.BIKE
    Be.BIKE

    こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。