1. ホーム
  2. ロードレーサーの装備アイテム・ギア
  3. ≫初心者からのロードバイク用ヘルメット選び

初心者からのロードバイク用ヘルメット選び

初心者からのロードバイク用ヘルメット選び

オンラインバイクショップWiggle

ロードバイクにヘルメットは必要です

街を走っている自転車を見ると、ヘルメットを被って乗っているのは子供くらいですね。でもロードバイクに乗っている人は、ほぼ100%ヘルメットを被っています。同じ自転車なのになぜでしょうか。

ロードバイクに乗ると分かりますが、スピードが普通の自転車と全く違うのでヘルメットを被らない状態では心理的に乗ることができません。これは転倒すれば「最悪、死もあり得るな」と感じるからです。車道を自動車と一緒に同じような速度で走るので、ヘルメットは絶対必要です。本来は普通の自転車でもヘルメットを被るべきです。条例でヘルメット着用を義務づける地域も増えています。

ヘルメットは自分の頭に合ったサイズを選ぶことが重要です。サイズが合わないヘルメットは効果を発揮することができません。正しいサイズを選びましょう。

 

ロードバイクのヘルメットを選ぶ・選び方

ロードバイクのヘルメットは独特な形状をしています。おしゃれな普段着に合わせるのもいいですが、やはりサイクリングウエアにロードバイク用のヘルメットが一番かっこいいものです。

ロードバイクのヘルメットで有名な国内メーカーはOGKです。レジモスMS2の人気があって、女性にも合うおしゃれなものが多数ラインナップされています。

外国製メーカーでは METGIROが人気で、最近はKASKが人気ランキングの上位に進出しています。かっこいい点では外国製に分があるので、サイズさえ合えば購入をおすすめします。特に女性が外国製ヘルメットをおしゃれに被っていると注目度が高いものです。

サイズを選ぶときには緩すぎず、きつ過ぎないものを選ぶようにします。メーカーによりサイズ感がかなり違うので何種類かを実際に被って比べてみることをおすすめします。

 

ロードバイクのヘルメットは安全のためです

男性用ヘルメット【Wiggle】
女性用ヘルメット【Wiggle】

ロードバイクのヘルメットの帽体は発砲スチロールです。この周りをポリカーボネート樹脂で包んでいます。衝撃を受けると発砲スチロールがつぶれたり、割れたりして衝撃力を吸収します。そういった構造なので、投げたり落下させたりするとヘルメット本来の性能が失われてイザというときに役立たないので注意しましょう。なおヘルメットの寿命は製造から約3年と言われています。

日本で売られているロードバイク用ヘルメットにはJCFシールが貼られたものがあります。このシールは日本自転車競技連盟(JCF)に登録されているヘルメットの証です。JCF公認のレースへ出場する場合にはシール貼付のヘルメットのみ使用が認められます。JCF公認のレースへ参加予定のある人はシールの有無を確認しましょう。

よくJCFシールが貼付していないヘルメットは安全性が確認できないと言われますがそれは違います。なぜならJCFシールは日本国内のみの話しで海外では関係ないからです。もちろんJCFシールが無くても海外から個人輸入したヘルメットは安全です。しかし中国製の偽物は論外です。安全のためのヘルメットなので慎重に選びましょう。

 

ロードバイクに乗り始めたころはヘルメットを嫌う人が多くいますが、転倒してから重要性に気が付いても遅いのでロードバイク購入と同時にヘルメットも用意しましょう。そのときにはサイズ確認をしっかりと行いましょう。

シェアをお願いします

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

  1. Wiggle
    海外の通販ショップならWiggle。完全日本語対応ホームページや日本人のカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
  2. ワールドサイクル
    ワールドサイクル

    豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
  3. Be.BIKE
    Be.BIKE

    こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。