1. ホーム
  2. 電気・電動アシスト自転車選び
  3. ≫電動アシスト自転車と普通の自転車の違い

電動アシスト自転車と普通の自転車の違い

電動アシスト自転車と普通の自転車の違い

オンラインバイクショップWiggle

モーターとバッテリーの力で補助してくれる電動アシスト自転車

普通のママチャリが急坂をグングンと上っている光景を見るとビックリしますね。屈強な男性でもすぐにへこたれそうな急坂を、ごく普通のママさんが上っていける理由はモーターとバッテリーの補助があるからです。

電動アシスト自転車とは

電動アシスト自転車とは、普通の自転車にモーターとバッテリーを付けたものです。ペダルを漕ぐのを電気の力で手伝ってくれる(アシストしてくれる)自転車です。

電動アシスト自転車は、時速10キロまでは人間の2倍の力でモーターがアシストします。合計すると自分の力が3倍になったのと同じなので、急坂をスイスイと上れる理由が分かります。

坂の多い地域に住んでいる人や子供を乗せるママさん、高齢者などを中心に電動アシスト自転車が人気を集めています。

電動アシスト自転車は電動自転車ではない

電動アシスト自転車はペダルを漕がないと進みません。あくまでペダルを踏む力をアシストしてくれるだけです。普通の自転車と同じ扱いなので、運転免許やヘルメットの着用、自賠責保険への加入義務がありません(できればヘルメットの着用と自転車保険加入をおすすめします)。

対する電動自転車はペダルを漕がなくても進む自転車です。簡単にいえば、原付バイクのエンジンをモーターとバッテリーに変えた感じです。電動自転車にはヘッドライトやウインカー、ブレーキランプなどの保安部品や、運転免許やヘルメットの着用、自賠責保険への加入が必要です。もちろんナンバープレートも付きます。

電動アシスト自転車でもモーターとバッテリーによる補助比率が、時速10キロ以下で1対2を超えたり、時速24キロ以上でも補助が続く場合は電動自転車扱いになってしまいます。

国内メーカー製の電動アシスト自転車なら制限基準を満たしているので問題ないですが、輸入車(特に中国製)の場合は注意が必要です(違反していると交通違反で捕まります)。


 

ママチャリだけではない電動アシスト自転車の種類

電動アシスト自転車というとママチャリのイメージがありますが、3輪自転車やロードバイクなども販売されています。

シティタイプの電動アシスト自転車

電動アシスト自転車と普通の自転車の違い

いわゆるママチャリです。様々なメーカーから販売されており、電動アシスト自転車の中で最も充実しているのがシティタイプです。タイヤの大きさが3タイプあるのでいろんな体型・身長の人に対応できます。

シティタイプの電動アシスト自転車【おすすめ】

PAS ナチュラシリーズ【楽天】

 

子供乗せタイプの電動アシスト自転車

電動アシスト自転車と普通の自転車の違い

子供乗せ自転車とは子供を2人まで乗せられる自転車です。お母さん+子供2人が乗ると、自転車を合わせた重さが100キロ以上になり、普通の自転車では強度や安定性に問題が出てしまいます。

子供乗せ自転車には幼児2人同乗基準適合車のBAAマークが貼ってあります。このマークが貼っていない自転車に子供2人を乗せて走ると、交通違反で捕まってしまいます。

子供乗せ自転車はその性格上、どうしても重い状態で走るので、電動アシストが威力を発揮します。

子供乗せタイプの電動アシスト自転車【おすすめ】

HYDEE.2(ハイディツー)【楽天】

 

3輪自転車タイプの電動アシスト自転車

電動アシスト自転車と普通の自転車の違い

3輪自転車の特徴は転倒しにくいことです。そのため体力や反射神経に自信のない高齢者に人気があります。3輪自転車には前1輪・後ろ2輪と前2輪・後ろ1輪の2タイプがあります。前2輪・後ろ2輪の4輪タイプもあり、それぞれに特徴があるので購入前には試乗したほうがいいかもしれません。

3輪自転車タイプの電動アシスト自転車【おすすめ】

PAS ワゴン【楽天】

 

スポーツタイプの電動アシスト自転車

電動アシスト自転車と普通の自転車の違い

ロードバイクやクロスバイクにも電動アシスト自転車があります。体重の重い人がダイエット目的でロードバイクやクロスバイクに乗る場合、ヒルクライム(坂道)が辛すぎて上れないことがあります。電動アシストが付いていればヒルクライムや強い向かい風でも楽に進むことができ、平地は自分の力で走れるので無理なくダイエットすることができます。

スポーツタイプの電動アシスト自転車【おすすめ】

PAS Brace-XL【楽天】

 

電動アシスト自転車は普通の自転車よりも高価なので失敗が許されません。一度乗ったら中古車になるので、ほぼ返品不可能です。購入前は徹底的に調べて、自分の用途や目的に合う電動アシスト自転車を選びましょう。

 

電動アシスト自転車は、バッテリーの耐久性や持ちのよさで良し悪しが決まってきます。どんなに安く買えても、バッテリーの持ちが悪かったら電動アシストの意味がありません。目先の値段だけで選ばずに、トータル性能で判断しましょう。

シェアをお願いします

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

  1. Wiggle
    海外の通販ショップならWiggle。完全日本語対応ホームページや日本人のカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
  2. ワールドサイクル
    ワールドサイクル

    豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
  3. Be.BIKE
    Be.BIKE

    こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。