1. ホーム
  2. 電気・電動アシスト自転車選び
  3. ≫電動アシスト自転車の保険を選ぶ【子供乗せ自転車】

電動アシスト自転車の保険を選ぶ【子供乗せ自転車】

電動アシスト自転車の保険を選ぶ【子供乗せ自転車】

オンラインバイクショップWiggle

普通の自転車よりも被害が大きくなりがちな電動アシスト自転車

自転車事故の増加や高額賠償請求がニュースになるなど、自転車保険が注目されています。自転車保険への加入を義務付ける条例案が出された地域も存在しています。

重量が重い電動アシスト自転車で事故を起こすと被害が大きくなる傾向があります。特に子供乗せ自転車はその特性上、事故を起こしやすくてダメージが大きくなりやすい電動アシスト自転車です。

そこで今回は電動アシスト自転車の保険について考えていきたいと思います。

電動アシスト自転車は自賠責保険の加入義務はない

まず知っておきたいのが、電動アシスト自転車は自賠責保険の加入義務はないということです。

電動アシスト自転車はペダルを漕がないと進まない、モーターとバッテリーがペダルを踏む力をアシストしてくれる自転車ですが、あくまで普通の自転車と同じ扱いなので運転免許や自賠責保険への加入義務がありません。

ペダルを漕がなくても進む電動自転車は、スクーターと同じ原動機付自転車と同じ扱いになるので運転免許や自賠責保険加入が必要になります。

電動アシスト自転車と電動自転車は呼び方やスタイルが似ていますが、まったく別物ということを覚えておきましょう。

無料の傷害保険は自分が怪我をしたときの保険

電動アシスト自転車を購入すると、ほとんどのメーカーで無料の傷害保険がついてきます。しかしこの保険の補償期間は購入後1年間のみで、支払われる金額も決して十分とはいえません。

無料の傷害保険は自分や家族に対する保険で、他人に怪我を負わせたときの補償は出ません。

もし子供乗せ自転車で3人乗りをしているときに他人の自転車と衝突、相手に怪我をさせてしまい、なおかつ自分と子供も怪我をしたときは、この無料傷害保険では全く役に立たないと思ったほうがいいでしょう。

 

万が一に備えるなら自転車保険の加入が必要

相手がいる事故に備えるなら自転車保険への加入が必要です。電動アシスト自転車も普通の自転車保険に加入できるので安心してください。

自転車保険は誰が運転しているときに補償されるのか、個人賠償責任補償の金額などによって保険料が決まります。特に電動アシスト自転車を夫婦で乗る場合や子供乗せ自転車に子供を乗せる場合は、保険料の安さよりも補償内容を優先するようにしましょう。

自転車保険を選ぶときのポイントは、

・十分な補償金額(無制限または1億円程度)
・示談交渉サービスがついている
・家族全員が保険対象になること
・保険料の安さ

これら4点を満たしているものがおすすめです。

すでに加入している他の保険があれば内容を確認しておく

自動車保険や傷害保険、火災保険などに加入している場合は、個人賠償責任保険特約が付帯されていることがあります。

個人賠償責任保険特約とは他人に怪我を負わせたり、物損で損害を与えてしまった場合に補償される賠償保険で、自転車乗車中に他人に怪我を負わせた場合にも有効です。

すでにこの特約を付けた保険に加入しているようなら、新たに自転車保険に加入する必要がないかもしれません。まずは保険内容を確認してみましょう。

 

自転車保険の加入はコンビニやインターネットで簡単にできる時代です。保険料も月100円からあって様々なタイプを選べます。子供乗せ自転車に乗っているときに事故を起こしたら、相手への賠償や治療費が高額になるのは火を見るより明らかといえます。万が一に備えた自転車保険への加入を強くおすすめします。

シェアをお願いします

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

  1. Wiggle
    海外の通販ショップならWiggle。完全日本語対応ホームページや日本人のカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
  2. ワールドサイクル
    ワールドサイクル

    豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
  3. Be.BIKE
    Be.BIKE

    こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。