ロードバイクのサドルが固い理由に関する質問

なぜロードバイクのサドルは固いのでしょうか。柔らかくしたらいけませんか?

 

ロードバイクは速く走ることを目的とした自転車です。

ペダリングのしやすさやポジションの決めやすさなどを重視していった結果、固いサドルが好まれるようになっていきました。

 

 

ロードバイクで速く走るために必要なサドルの固さ

ロードバイク初心者がまず驚くのがサドル固さです。ママチャリのようなフカフカで大きな座面とは正反対で、小さくて固いサドルが付いています。

しかし上には上がいるもので、上級者になるとカーボンでできたカチカチのサドルを好む人がいるほどです。

ロードバイクは競技指向が強い乗り物で、速く走ることを目的として作られています。あの固いサドルの理由は速く走るためなのです。

ロードバイクのサドルの固さの理由

軽量化のため

ロードバイクは軽さが命です。数グラム軽くするために高価な素材を惜しげもなく使う自転車です。
当然ながらサドルも軽量化の対象となって、高価なものほど軽量素材を使って軽く作られています。

もし柔らかいサドルが効果的なら、高価なサドルほどクッション性に優れたフカフカな座面になるはずです。そうならずにクッションを省いているのは軽量化を優先しているからです。

ペダリングのロスを防ぐため

サドルのクッション性が高いとパワーロスが生じてしまいます。ロードバイクは高回転でペダリングするものであり、少しでもパワー伝導効率を高めるために固いサドルが好まれます。

ポジションを決めやすい

ロードバイクのサドルはドカッと座るものではなくて、フォームを安定させるための位置付けが重要です。そもそも柔らかいサドルは体幹が安定せずに脚力が逃げてしまいます。

柔らかさを求めていないから

ロードバイク初心者の頃はすぐにお尻が痛くなってしまいますが、乗り慣れてくると痛みを感じなくなるものです。

ロードバイクに乗ることによってお尻の筋肉が鍛えられて発達していきます。そしてサドルとハンドル、ペダルへの体重分散が上手になって、固いサドルに慣れていくということです。

ロードバイクに乗るときはパッド付きパンツを履くのが基本

ロードバイクに乗るときはパッドが付いたレーサーパンツを履くのが基本です。もしサドルの固さが気になるときは、ロングライド用のレーサーパンツを選んでみましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
ロードバイクにとってクッション性は無用なものであり、速さと軽量化を追い求めた結果があの固いサドルです。サドルは形状や材質によって特性がかなり変化します。何種類か試して自分のお尻に合ったサドルを見つけてください。
おすすめの記事