クロスバイクにはメンテナンスが必要です

クロスバイクはママチャリのようにメンテナンスフリーで乗ることはオススメできません。キチンとメンテナンスをすれば、クロスバイクを快適に楽しむことができます。

自分でできる範囲のメンテナンスをマスターしておけば、ロングライドなどでのトラブルにも対処できるようになります。クロスバイクのメンテナンスは必要です。

クロスバイクのメンテナンス方法

Rakuten(楽天)

➤➤➤クロスバイク

普段の乗車前には各部の点検と共にタイヤの空気圧やチェーンの状態を点検しましょう。

特に空気圧の点検はその日の走行前に必ず行うようにしましょう。ママチャリなどと比較してクロスバイクのタイヤは高圧で使うので、空気圧の影響が大きいからです。

チェーンは錆びや汚れを落とし、注油しておきましょう。

帰宅後にチェーンをウエスで一拭きして薄く注油するだけで寿命がグンと延びます。チェーンの寿命は3000kmほどと言われています。乗り方によっても異なりますので1~1.5%程度伸びたら交換を検討するのもいいでしょう。

ブレーキは特に重要ですので不安がある場合には専門店でメンテナンスと調整をしてもらいましょう。多少の費用が掛かりますが命には代えられないものです。

クロスバイクのメンテナンス注意点

初心者の頃はなかなかメンテナンスが出来ないと思います。それでも本やインターネットで情報を収集していけば次第に簡単なメンテナンスができるようになっていきます。

自分でメンテナンスができるようになったらギアを外しての洗浄やハブなどのグリスアップに挑戦するのもいいでしょう。

また、タイヤやチューブの交換をマスターすれば出先でのパンク修理が自分でできるようになります。

それには工具やメンテナンススタンドなどの用品が必要になってきます。もちろん、自分でメンテナンスするとスキルレベルによってはクロスバイクの調子を悪くしてしまう場合もあります。

大掛かりなメンテナンスや年に1度程度の頻度でも点検は専門ショップに作業を依頼して安心を得るのもいいでしょう。

クロスバイクはメンテナンスをしないでいると、どんどんと調子が悪くなっていきます。メンテナンスを楽しむくらいの気持ちでクロスバイクの性能維持をしていきましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
スピードが速く、長距離を走ることが多いクロスバイクではメンテナンスの良し悪しで安心感が全く異なってきます。きちんとメンテナンスすればいつまでも高性能を楽しむことができますが、乗りっぱなしでいると途端に調子を崩すのがクロスバイクです。常に手を掛けて好調を維持するようにしましょう。
おすすめの記事