クロスバイクを買うときの予算の目安

クロスバイクを買うときの予算の目安

クロスバイク購入前にまずは予算を決めよう

クロスバイクのことを調べていくと、3万円程度のものから50万円近いものなど、結構価格に差があることが分かります。

あまり安いものでもすぐに壊れそうで不安ですし、すぐに飽きてしまうかもしれないので、いきなり高価なクロスバイクを買うのも気が引けてしまいます。

では、初めてのクロスバイク購入にはどれくらいの予算を準備したらいいのでしょうか。

クロスバイクを買うときの予算の目安

最初のクロスバイクは予算10万円がおすすめ

スポーツ自転車を購入したことが無い人が、カタログや展示品を見ただけでクロスバイクの比較をすることはかなり困難なはずです。そこでまずは自分がクロスバイクに求めることを頭に描きながら選んでみましょう。

ブランドや見た目重視でもいいですし、軽さや材質にこだわるのもいいでしょう。ある程度候補が揃ったら絞り込んでいきますが、一番重要視する予算は10万円と考えておくと多くの選択肢の中から気に入った1台を選べるはずです。

もちろんもっと高価な予算設定をしてもOKですが、ある程度の性能を確保し通勤や通学にも耐えられ、週末のロングライドも楽しめる1台を選ぶのなら10万円という予算がピッタリだと思います。

予算10万円となるとカーボンフレームを選ぶことは不可能になります。

アルミかクロモリのフレームの中から選びますが、クロスバイク初心者がいきなりカーボンフレームを選択することはあまりおすすめできません。

カーボンフレームは軽くてしなやかな乗り心地が特長ですが、取扱いに注意しないと割れたり劣化したりと非常に気を使う材質です。

ロードバイクとは違って、通勤・通学や買い物に使うクロスバイクには耐久性が求められるので、まずはアルミかクロモリのフレームからスタートしてみましょう。

クロスバイクと同時に購入しておきたいもの

クロスバイクには走るために必要最低限なものしか付いていないので、その他に必要なものは追加購入しなければなりません。クロスバイクにはママチャリと違ってライトやベル、スタンドが付いていないので同時に購入しておきましょう。

そして重要なものが『』です。クロスバイクには鍵の装備がないので別途購入することになりますが、盗難に遭わないためにも頑丈な鍵を選んでおきましょう。

なお、ママチャリと比べて圧倒的に軽いクロスバイクは簡単に持ち運びができるので、柱や柵などに巻きつけられるようなワイヤー式の鍵でクロスバイクを固定して盗難されないようにしましょう。

クロスバイクのタイヤは高い空気圧を入れるために、ママチャリ用の空気入れでは役に立ちません。そのためロードバイクでも使われる高圧用のフロアポンプ(空気入れ)を用意する必要があります。

Rakuten(楽天)

➤➤➤高圧フロアポンプ【楽天】

Amazon.co.jp

➤➤➤高圧フロアポンプ【Amazon】

クロスバイクのタイヤは空気圧が下がりやすいので、週に1度は点検して空気を補充しておきましょう。

その他にもパンクに備えた替えのチューブや簡易工具、ツールバッグなども用意していきたいところです。これらクロスバイク以外に必要なものの予算には2~3万円程度必要と考えておきましょう。

この記事のライター:「絶対ハマるROAD-BIKE CROSS-BIKE」管理人
3万円程度の予算でもクロスバイクを始められますが、安全性や信頼性を考えるとおすすめできません。ママチャリより遥かに速く走ることができるクロスバイクなので、信用と実績のあるメーカー品のものを選びたいですね。

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

ロードバイク1位
➤➤バイクショップWiggle
海外の通販ショップならWiggle。日本語のサイトや日本人によるカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
ロードバイク2位ワールドサイクル(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤ワールドサイクル
豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
ロードバイクショップ3位Bebike(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤Be.BIKE
こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。