クロスバイクは組み立て済みタイプがいいのか?

クロスバイクにはメーカー組み立て済み完成車タイプと、フレームを購入して自分の好みのパーツで組み上げていくタイプがあります。

完成車はクロスバイクの知識がまだない初心者や入門者には最適でしょう。

走りこんで不満を感じるレベルに達したらその都度パーツを交換していけば、自分だけの1台に仕上げていくことが可能です。

ある程度自分の好みが分かっていたりこだわりのホイールやコンポーネンツがあるのならフレームを購入して組み上げていくのもいいでしょう。

もちろん、自分の手で組み立てるのもいいですし、料金を支払って専門店で組み立ててもらうこともできます。時間がとれない人は専門ショップを上手く利用するのがいいでしょう。

クロスバイクの組み立て

Rakuten(楽天)

➤➤➤クロスバイク

クロスバイク組み立てるには知識と整備のスキルが必要です。

ですので初心者がいきなりクロスバイクを組み立てすることはオススメできません。自分はまだしも、他人にケガをさせる恐れもありますので。

しかし、将来的にはフレームを購入してきて自分でクロスバイクが組み立てられるようになりたいものです。

自分で組み立てられれば修理やメンテナンスが自分でできるようになります。サイクリング先でのトラブルなどで自分で修理できるか否かで安心感もまったく異なるものです。

ライトやサイクルコンピューターの取り付けのような簡単な箇所からトライして、少しずつ組み立て方の知識と整備スキルを身につけていきましょう。

クロスバイク組み立ての注意点は?

まず一番大切なことは安全に直結するブレーキ関係などを組み立てたときには、専門店などのプロに確認を依頼して落ち度がないようにしましょう。

組み立てには工具が必要になります。自転車の組み立てには一般工具以外にも専用工具がかなり必要になります。

専用工具は高価なものが多いですが、他の工具で代用するとパーツを破損して逆に高くつくことがありますので注意しましょう。

また、ボトムブラケットやハンドルステム径、シートポスト径など規格や寸法が異なることが多々ありますので、部品を購入する場合は同じような形状でも詳細までよく確認して、組み付け不可だったなんてことにならないようにしましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
最初は構造が分からなくても部品交換や各部の調整などを自分で行っていけば自然とクロスバイクのことを理解し、いずれは自分で組み立てや分解ができるようになるでしょう。自分で組み立てたクロスバイクにはより愛着が湧くはずです。
おすすめの記事