クロスバイクのサドルは痛い?

クロスバイクに限らずスポーツ自転車のサドルは小さくて薄く、固いものがほとんどです。街乗りの短時間なら問題ないのですが、ロングライドに出掛けるとお尻の痛みに悩む人が多いのです。

また、クロスバイク初心者の場合、乗車姿勢が悪かったり慣れていないこともお尻に負担を掛けてしまい、余計に痛い思いをしてしまうようです。

しかし、いくら痛いからといってもママチャリのようなフカフカでスプリング付きのサドルに交換はおすすめできません。非常に乗りにくい自転車になってしまいます。お尻の痛みはパッド付きパンツなどを履いて解決しましょう。

初心者からのクロスバイクのサドル選び

クロスバイクのサドル選び

Rakuten(楽天)

➤➤➤クロスバイクのサドル

どれも同じように見えるスポーツサイクルのサドルですが、実に多種多様なサドルが販売されています。

お尻や尿道付近の痛みを緩和する目的で穴が開いていたり、溝が設けてあるサドルがあります。また、先端が切り落とされた形状のものもあります。

しかしながら、これらにも自分に合う、合わないという問題があります。

たとえ多くの人に好まれているサドルでも決して自分に合うとは限りません。サドルだけは実際に乗ってみて自分の感覚に合うかどうかを確かめないと分からないものです。

女性の場合、男性と骨盤の形状が違うので男性用のサドルでは合わないことが多々あります。

最近では急増する女性ライダーに追従するように女性向けのサドルが販売されていますので、交換することでクロスバイクをより楽しめることでしょう。

クロスバイクのサドル交換

クロスバイクのサドルを交換する前に必ず現在のサドル位置を測定して、数値を記録しておきましょう。特に高さや前後位置の確認は重要になります。

新しいサドルを取り付けたらまずは控えておいた数値に合わせ、跨いだり試走して5mm単位で高さやハンドルからの前後位置、サドル角度を調整していきましょう。

サドルの取り付け方や調整方法が分からなかったり、道具を持ち合わせていなければスポーツサイクル専門店で交換と調整を依頼しましょう。

サドルにはサドルバッグを付けることができます。トピークの防水サドルバッグが人気があるのでおすすめです。大型のサドルバッグの中身としては携帯工具や鍵、補給食などを入れて走行することが可能です。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
クロスバイクで最も選択に悩むのがサドルです。ベテランでも自分に合うサドル選びに悩む人が多くいます。自分に合うサドルに出会えれば100km超のロングライドでも全く苦にならずに走破できますので自分のお尻と相談しながらベストなサドルを選んでください。
おすすめの記事