クロスバイクにスタンドは必要か?

スポーツサイクルであるクロスバイクにはスタンドは付いてきません。

後付けのスタンドは販売されていますが、フレームの材質によってはスタンドを付けることによりフレームが割れたり、ひびが入ることがあります。

クロスバイクはスポーツ自転車の中でも様々な用途に使われる存在なので、買い物や通勤・通学に使う人も多いかと思います。そんな人たちにはスタンドの取り付けは必要なのかもしれません。

しかし、純粋にスポーツサイクルとしてクロスバイクを楽しんでいる人にはスタンドは不要でしょう。クロスバイクにスタンドが必要かは使用用途により決まってくるようです。

初心者からのクロスバイクのスタンド選び

クロスバイクでスタンドを使う注意点

標準でスタンドが備わっていないクロスバイクにスタンドを付ける場合には、いくつか注意する必要があります。後付けスタンドとフレームの取り付け部分に集中的に応力が掛かるので塗装の剥げや曲がりが発生することがあります。

フレームがカーボン素材の場合は一極集中した応力で、フレームにひびが入ったり割れてしまうことも考えられるので後付けスタンドの使用は避けるようにしましょう。

また、あまりにも大きなスタンドを取り付けてしまうと走行中にシューズが当たってしまうので、寸法確認をしっかり行うようにしましょう。

純粋にスポーツサイクルとしてクロスバイクを楽しんでいる人には携帯タイプのスタンドをおすすめします。これなら軽量で使い方も簡単なので出先でのちょっとした駐輪で使うことができます。

クロスバイクの室内スタンド

高価なクロスバイクなので室内で保管する人がかなり多いものです。

室内保管用のスタンドも発売されており、縦置きで少ないスペースがあればクロスバイクが保管できるものがありますのでおすすめです。この縦置きタイプはミノウラのものが有名で、設置やクロスバイクの固定が簡単にできます。

ミノウラ縦置きスタンド

ミノウラ縦置きスタンド

クロスバイクのメンテナンス時には専用のメンテナンススタンドを使うと便利です。このメンテナンススタンドは室内だけでなく屋外でも使用でき、前後輪どちらでも使えます。もちろんメンテナンス時だけでなく普段の保管でもスタンドとして使用することができます。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
ロードバイクほどでないですがクロスバイクにスタンドを付けている人は少ないようです。もし付けるならバイクへの負担が少ないことを最優先して選ぶようにしましょう。室内保管用のスタンドはあると便利ですのでひとつ持っていたほうが良いですよ。
おすすめの記事