クロスバイクのホイールとは

ロードバイクとマウンテンバイクの間に位置するクロスバイクですが、ホイール幅にもロードバイク寄りとマウンテンバイク寄りの2種類あるので注意が必要になります。また、リム幅も数種類あり、直径も26インチ700Cなど異なるものがあります。

このように一言でクロスバイクのホイールと言っても様々なサイズや種類がありますから、交換する際には自分のフレームに合うものをしっかりと選ぶ必要があります。

初心者からのクロスバイクのホイール選び

クロスバイクのホイール選びの注意点

Rakuten(楽天)

➤➤➤クロスバイクのホイール

クロスバイクのフレームのリアエンド幅には130mmと135mmがあります。130mmはロードバイク規格で135mmはマウンテンバイク規格です。中には132.5mmのリアエンド幅のものもありますので注意が必要です(シクロクロスバイクによく見られます)。

クロスバイクのホイールを選ぶときには、現在装着されているホイールのOLD(オーバーロックナット寸法)と同じサイズの中から選ぶようにしましょう。

フレームリアエンド幅が130mmならOLDは130mmになります。リアエンド135mm幅にロードバイク系の130mmを装着するには5mmの差を考える必要があります。

そのままクイックリリースを締めて固定すると見かけ上は固定されますが、チェーンラインの狂いによる変速不良発生やフレームにひびや割れが生じることがあるので絶対に止めましょう。

基本は同じOLD幅同士での交換になります。それ以外を望む場合にはスポーツ自転車専門ショップでの相談をおすすめします。なお、フロントのエンド幅は100mmのものが多く、リム幅と直径に注意すれば多くのホイールから選ぶことができます。

また、ディスクブレーキとリムブレーキではホイールの種類が全く異なるので、自分のクロスバイクのブレーキ型式に合うタイプを選びましょう。

クロスバイクのホイール交換

クロスバイクのホイール交換にはタイヤ交換とスプロケット交換作業が必要になります。専門店で工賃を払って交換してもらう方法もありますが、やり方を覚えるために自分で交換するのもいいでしょう。

中古のホイールを交換対象にする場合は振れや歪みに注意する必要があります。

調整で直る程度のものなら中古でも値段が安くておすすめですが、品質の程度によってはコストパフォーマンスの効果が薄いことがあるので注意しましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
数多くの交換用ホイールが発売されていますが、サイズや寸法が合わないと自分のクロスバイクに装着できませんので、まずはサイズと寸法をしっかり把握してからホイール選びをしましょう。ホイールとタイヤをグレードアップすれば確実に走りが良くなりますよ。
おすすめの記事