クロスバイクに乗るときのウエアは?

クロスバイクに街乗りや通勤・通学で乗るときのウエアは普段着のままの人が多いようです。

しかしスポーツ自転車であるクロスバイクはスピードが出るし車道を走るので、安全のためにもヘルメットやサングラス、グローブは身に付けておきたいものです。

サイクリングやロングライドではサイクルウエアの着用がおすすめです。

スポーツサイクル用に考えられている専用ウエアは、ポケットの位置など機能面で優れているし風の抵抗が少ないので疲労感が全く違ってきます。

普段着とサイクルウエアを上手に使い分けてクロスバイクを楽しみましょう。

初心者からのクロスバイク用ウエア選び

クロスバイクに普段着で乗るには

街乗りや買い物でクロスバイクに乗るときには、降りたあとの行動を考えるとカジュアルな普段着で乗ることが多いでしょう。

しかしオシャレを優先しすぎると非常に乗りにくくなってしまいます。

冬場などの厳寒時にはオートバイ用のウエアなどを着用すると、寒さが防げるしバタバタしにくいので風の抵抗を受けにくいでしょう。

長ズボンのときに裾がチェーンで汚れたり、最悪の時にはチェーンとクランクにズボン裾が巻き込まれてしまいます。ベルクロなどで裾が広がらないようにしましょう。

夏場などの暑いときでもヘルメットとグローブの着用をおすすめします。これらを着用してるか否かで転倒時の怪我の度合いがかなり異なってきます。

サイクルウエアを着てクロスバイクに乗ろう

クロスバイクはスポーツサイクルなので、街乗りや通勤通学だけではなく、ヒルクライムやロングライドを楽しむことができます。

スポーツライド時にはカジュアルな普段着ではなく、サイクルウエアの着用をおすすめします。

風の抵抗をモロに受ける普段着と違い、サイクルウエアは空気抵抗が少ないので、スピードはもちろん疲労感がかなり軽減されます。

またクロスバイクに乗ると季節に関わらず汗をかきますが、サイクルウエアはカジュアルな服装と違って汗の引きがかなり早く、不快感や体温の低下を防ぐことができます。

➤➤➤女性用サイクルウエア【Wiggle】も各社から様々なウエアが発売されています。

初めはサイクルウエアを着ることに抵抗があるかもしれませんが、スグに慣れるし普段着で乗るよりサイクルウエアでクロスバイクに乗るほうが格好がいいことに気がつくはずです。

本来のクロスバイクの性能を楽しむためにもサイクルウエアの着用をおすすめします。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
ママチャリなど普通の自転車では気にならない服装ですが、クロスバイクのようなスポーツ自転車では服装により空気抵抗がかなり変わってくるためサイクルウエアの重要性がかなり増します。普段着で乗るときでもヘルメット・サングラス・グローブを装着して安全にクロスバイクを楽しみましょう。
おすすめの記事