クロスバイク用のグローブとは

気軽にスポーツ自転車を楽しむことができるクロスバイクを、街乗りに使う人も多いかと思います。

街乗りにグローブは必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、クロスバイクはやはりスポーツサイクルなので素手で乗っていると手に掛かる負荷が大きく、グローブで緩和する必要があります。

グローブはサイクル用のものが販売されているのでぜひ用意しておきたいところです。

初心者からのクロスバイク用グローブ選び

クロスバイクにグローブが必要な訳

クロスバイクはママチャリなどのシティサイクルに比較して非常にスピードを出せます。

また、車道を通行するので事故や転倒した際にグローブ着用の有無で、怪我の程度が大きく変わってきます。

安全性や怪我の防止の面でクロスバイクにはグローブが必要です。季節により、夏は汗で手が滑ったり、冬は寒さで手の感覚が無くなってきたりします。

また、クロスバイクは手にも体重を分散して乗るので、素手のまま乗ると地面からの衝撃がダイレクトに手に伝わってきてしまい、感覚が鈍くなってきます。

そういった面からもクロスバイクにサイクル用グローブが必要になります。

クロスバイク用グローブの選び方

クロスバイク用のグローブは通常の手袋ではなく、➤➤➤サイクル用グローブ【Wiggle】を選びましょう。

サイクル用グローブには手の平部分にクッションが入っていて、ハンドルに伝わる路面からの振動を吸収して緩和する効果があります。

サイクル用グローブを選ぶポイントは自分の手に合ったサイズを選ぶことです。

小さいサイズのグローブだと指先が突っ張ったままになり感覚がなくなってきます。逆に大きすぎるサイズだとブレーキや変速操作の際に妨げになりライドに集中できなくなってしまいます。

指先は敏感に反応するのでしっかりとサイズの合ったグローブを選びましょう。

サイクル用グローブには女性向けのレディースサイズも多くラインナップされています。

色使いや柄をウエアと合わせて楽しむことも可能です。夏場などの季節には半指タイプを使うのもいいでしょう。指切りタイプはブレーキ・シフト操作がやりやすく好んで使用する人が多いものです。

また、街乗りでクロスバイクに乗るときにも半指タイプのグローブは大げさにならなくて好まれる傾向にあります。

サイクル用グローブは季節に応じて様々な種類が発売されています。何種類か用意して使い分けることをおすすめします。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
クロスバイクではグローブを使わない人が多くいますが、サイクリングなどでロングライドに出掛けるときにはサイクル用グローブをすることで手の疲れがかなり緩和されます。特に冬の寒いときは手がかじかむとハンドルやブレーキ操作が疎かになりやすく危険ですのでしっかりとしたグローブで防寒してください。
おすすめの記事