クロスバイクとロードバイクの違いを知ろう

クロスバイクとは何でしょう?

一般の人からはスポーツ自転車はみんな同じに見えるかもしれません。クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置するスポーツ自転車です。

ロードバイクは速く走ることに特化していますが、クロスバイクはオンロードや多少のオフロードでも走ることができて、初心者にも楽しめるスポーツサイクルです。

クロスバイクを通勤、通学に使う人も多く、週末にはロングライドもこなしてしまう便利な自転車です。

クロスバイクとは

クロスバイクは街乗りに最適

スポーツサイクルを買いたいと思ったときに初心者が悩むのが、クロスバイクとロードバイクのどちらを購入すればいいのかでしょう。

ロードバイクは確かに敷居が高くて、普段気軽に乗るのはちょっと気が引けます。

しかしクロスバイクなら街乗りにも対応できるのでスポーツサイクル入門には最適かもしれません。乗車姿勢もアップライト気味なのでラクですし、体型もあまり気にせず乗ることができます。

クロスバイクを探していてもロードバイクをよく目にするでしょう。クロスバイク自体がまだ登場して間もないので、スポールサイクル専門ショップでも展示車を見つけられないことがあるかもしれません。

それでもクロスバイクにはロードバイクにはない良さがあるので、自分に合った1台を選びましょう。

クロスバイク初心者が選ぶには

スポーツ自転車の中でもクロスバイクは比較的安いモノも多く、多少の荒っぽい使用にも耐えるような頑丈な作りになっています。ロードバイクに比べるとクロスバイクは初心者でもあまり気を使わずに乗ることができる自転車です。

クロスバイクを製造しているメーカーの中でも、特にクロスバイクに力を入れているのは台湾のGIANTでしょう。GIANTではレースで使われるような高額モデルだけではなく、初心者や通勤、通学でも気軽に使える価格帯のモノが多くラインナップされています。

もちろん様々なメーカーから低価格なクロスバイクが発売されているので、自分だけの1台を見つけてクロスバイクを楽しみましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
ロードバイクとクロスバイクは似てるようですが実際にはかなり違う自転車です。クロスバイクにはロードバイクにはない良さがあり、使い勝手も含めて魅力にハマる人も多いです。クロスバイクでスポーツ自転車の世界に入門してみましょう。
おすすめの記事