似てるようで違うクロスバイクとロードバイク

スポーツ自転車を欲しくなった時に悩むのが『クロスバイク』と『ロードバイク』のどちらを買うかではないでしょうか。

パッと見は似ている両者ですが、見た目だけでなく乗車姿勢や適している目的用途、価格などが違っています。

クロスバイク』と『ロードバイク』の違いをご存知ですか?

クロスバイクとロードバイクの違い

クロスバイクとロードバイクの違い

知らない人が見れば同じようなスポーツ自転車と思われがちですが、クロスバイクロードバイクではかなり違いがあります。

クロスバイクにはストレートタイプのハンドルが付いているので、それほど前傾姿勢をとらなくても乗ることができます。

タイヤも極端には細くなく、サスペンション付きのモデルもあるので多少の悪路も走れるし、ちょい乗りするにもラクです。また、値段が数万円~とスポーツ自転車にしては手が届きやすい価格設定になっています。

対するロードバイクはドロップハンドルで前傾姿勢を要求されますし、タイヤは細く、ゆっくりと走ることが非常に苦手です。

逆にスピードを速く出すと安定し、長距離を走っても疲れにくいのがロードバイクです。素材に高級な物を使うことが多いロードバイクは価格もクロスバイクに比べて高価です。

このような違いがあるクロスバイクとロードバイクですが、適している使用用途にも違いがあります。

クロスバイクとロードバイクはどのようなシーンに適しているのか

クロスバイクはマウンテンバイクとロードバイクの中間に位置すると言われています。

比較的タフな作りとなっているクロスバイクは悪天候でも走ることを要求される通勤・通学や、週末ののんびりとしたサイクリングなどに適しています。

スタンドが付いていることが多いクロスバイクは駐輪場所にも困らないので買い物にも最適です。

乗る時の服装はスーツからラフな軽装までOKなので、気楽に乗れるのがクロスバイクです。

ロードバイクは本来レース用のマシンなので、気軽に乗るのには適していません。服装もプロ選手のようなジャージやパンツを着ることを前提としていますし、ペダルとシューズを固定するビンディングタイプの装着が常識です。

スタンドが付いていないので駐輪するのにも気を使いますし、なによりも高価なロードバイクなので目を離すと盗難の恐れがあるので長時間駐輪して買い物に行くなんてことはしないのが普通です。

通勤や通学には不向きなのがロードバイクです。

しかし信号の少ない山道を飛ばしたり、長距離ランをしたり、レースに出場すると最高に楽しいのがロードバイクです。

Rakuten(楽天)

➤➤➤ロードバイク【楽天】
➤➤➤クロスバイク【楽天】

このように見た目も目的用途も違うクロスバイクとロードバイクなので、自分がどのような用途で使いたいか、そして予算に応じてクロスバイクかロードバイクを選択してみましょう。きっとあなたにとって最高の1台を手に入れることができると思いますよ。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
クロスバイクは万能スポーツ自転車ですが、絶対性能ではロードバイクには敵いません。もし多用途での使用を考えているのならクロスバイクが最適です。もちろんクロスバイクとロードバイク、両方を所有してそれぞれを楽しむ選択もアリです。
おすすめの記事