クロスバイクの世界に入門しよう

最近の健康志向の高まりや、エコへの観点から自転車、特にクロスバイクに興味を持つ人が増えてきました。

適度な運動やエコな通勤・通学の手段としてクロスバイクは安価で性能も高く、スポーツ自転車入門にはピッタリです。

登場してまだ日が浅いクロスバイクですが、最近ではロードバイクの格下ではなく、クロスバイクという独立したカテゴリーとして発売・認識されるようになりました。

ママチャリのような普通の自転車からのステップアップとしても、クロスバイクは最適なスポーツサイクルなのです。

クロスバイク入門・選び方

クロスバイクの基礎知識

クロスバイクの世界に入門したい人から見ると、ロードバイクとの違いが分からないかもしれません。まずはクロスバイクの基礎知識を学んでおきましょう。

クロスバイクには大きく2つのモデルがあります。

コンフォートタイプモデルはアップライトな乗車姿勢でゆったりと乗ることができます。それでも普通のママチャリよりは遥かに軽快でスポーツ感あふれる走りを楽しむことができます。

スポーツモデルはロードバイクに近く、より速く走るように作られており、より前傾姿勢で乗れるようにハンドル位置などが設定されています。

ロードバイクではドロップハンドルが装備されていますが、クロスバイクでは真っ直ぐなフラットハンドルになっています。

また、ロードバイクが比較的価格帯が高めのモノが多いですが、クロスバイクは5万円以下で手に入れられるモノが多い点も入門者にはオススメです。日頃の生活の中でスポーツサイクルを楽しみたい人にクロスバイクをオススメします。

クロスバイク入門の注意点

クロスバイクには普通の自転車に標準装備されているライトや反射材、ベルなどが別売りになっています。公道を走るには前後のライトやベルが必要なので、別途購入できるよう予算に組み入れておきましょう。

また、街乗りメインなのか、ロングライドもしたいのかで求める特性が違ってきます。よくクロスバイクの仕様を確認してから購入するようにしましょう。

購入と同時に自転車防犯登録を必ずしましょう。これはクロスバイク購入時にショップで登録代行をしてくれます。費用は500円程度です。

そして自転車保険にも加入しましょう。対人や対物への補償のための保険です。

最近では自転車事故による高額賠償請求の判例があるので、イザというときのために加入をおすすめします。費用は年間で3~5千円程度です。あなたに合ったクロスバイクで気分爽快な走りをしましょう!

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
クロスバイクは用途が広いスポーツ自転車なので選ぶのに少し苦労するかもしれません。そのため自分がどのような目的で乗りたいのかをはっきりとイメージしてから選ぶようにしましょう。お気に入りの1台が見つかれば長く愛用できるはずです。
おすすめの記事