クロスバイクに乗るにはポジション調整が必要です

クロスバイク自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。

しかしサイズが合っていてもサドルやハンドルなどのポジションが合っていないと、乗りにくいだけではなく体に負担を掛けて痛みが出てきます。サイズだけでなく正しいポジションに調整してクロスバイクに乗りましょう。

初心者が注意したいクロスバイクの乗り方

クロスバイクのポジション調整方法

スポーツ自転車の中でも比較的リラックスして乗ることができるクロスバイクですが、ポジション調整は重要です。

ポジション調整はまず、サドルから行いましょう。

ペダルが下死点の位置で踵をペダルに乗せ、足が伸びきらずにほんの少し膝が曲がるような高さにサドルを調整します。

実際にはペダルは拇指球(足の親指の付け根付近の膨らんだ部分)で踏むのでクランクが回しやすく、足に無理のないちょうどよいサドル高さになります。

サドルの前後位置はクランクを時計の3時の位置にして膝のお皿の中心から紐などを垂らして紐がペダルの中心にくるようにサドルを前後させて調整しましょう。

サドルの角度は水平が基本です。お尻の痛みを気にして前下がりにすると腕や腰に負担を掛けることがあるのでまずは水平で慣れてから微調整しましょう。

ハンドルの位置調整には正解がありません。

初心者のうちは無理なく快適に乗れるハンドル位置で経験を重ねて、慣れるにしたがってハンドル位置を遠く、低くしていきましょう。

クロスバイクは自分に合ったポジションで乗ろう

クロスバイクはスポーツサイクルですが気軽に乗る人が多く、入念にサイズ合わせをしないで購入されるケースがあります。自分の体型に合わないクロスバイクに乗っていると走ることが苦痛になってきます。

購入した状態が全て自分に合っていればいいのですが、サドルやハンドルを交換する必要が生じることもあります。

予算が厳しいようでしたら最初のサイズ合わせは入念に行いましょう。また、サイズ確認の際にはギアチェンジがしやすいか、乗車姿勢や降り方が合っているのかの基本確認をショップの人にしておくといいでしょう。

クロスバイクなどのスポーツサイクルは乗車ポジションが重要です。キチンと自分に合ったポジションで乗りましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
ママチャリと違いクロスバイクは適切なポジションで乗らないと楽に走れないばかりか、膝や腰などを痛めてしまうことがあります。どんなに高性能なクロスバイクでもポジションが合っていなかったら台無しですので調整はしっかりと行いましょう。
おすすめの記事