クロスバイクの練習をしよう

普通の自転車に乗ることができればクロスバイクにも乗ることができます。街乗りや買い物でクロスバイクを使うのであれば特に練習の必要はないかもしれません。

でも、スポーツサイクルとしてクロスバイクを楽しみたいのならば練習をしたほうがいいでしょう。

速く走るにはクロスバイクの乗りこなし方や体の使い方を覚える必要があります。

初心者のクロスバイク練習方法

クロスバイクを乗りこなす練習

自転車のペダルは踏んで回すものと思われていますが、踏んづけてばかりですと速くは走れません。踏むのは一瞬であとはクランクを回すように足を動かしていきます。

クランクを回す感覚は慣れないと上手くいかないものです。しかしクロスバイクでラクに、速く、ロングライドするにはクランクを回す感覚が大切なのです。

普段使わない筋肉を使うので筋肉痛になるかもしれません。それにフラットペダルでは足を引き上げるときに滑ってしまい戸惑うかもしれません。

しかしそれらも慣れてくると解決することが多いです。慣れさえすればクロスバイクに乗ることがラクに、速く、遠くに走れるようになります。

ギアチェンジの練習もしておきましょう。重すぎたり軽すぎるギア選択で走ると疲労ばかり溜まってきてしまいます。自分の脚力でラクに無理なくクランクを回し続けられるギアを選んで走れるように練習しましょう。

ブレーキを使う練習も重要です。ブレーキの掛け方によっては転倒の恐れがあるのでしっかり練習しておきましょう。

基本的にはフロントブレーキをリアブレーキより少しだけ強く掛けるようにします。フロント、リアのどちらかを極端に強くブレーキを掛けると前つんのめりになって転倒したり、リアタイヤがロックしてお尻が振られて危ない状態になったりします。

また、下り坂でのコーナリング中には強くブレーキを掛けないようにします。転倒したら大怪我をするので注意してください。真っ直ぐの時にブレーキを掛けるのが基本です。

クロスバイクを整備する練習

クロスバイクに乗っていると時にはトラブルに見舞われることがあります。

大きなトラブルは専門ショップに任せたほうが無難ですが、ライド中のパンク修理や簡単な整備は自分でできるように練習してマスターしたほうがいいでしょう。

クリンチャータイヤならチューブ交換で自走して帰宅できるケースが多々あります。予備のチューブと携帯ポンプ、若干の工具はサドルバッグやツールボトルに入れて携帯するようにしましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
クロスバイクなどのスポーツ自転車に乗るとすぐに疲れてしまうのはクランクを回すときに余分な力が入っているからです。適性なポイントで力を入れ、負荷に応じたギア選択をすることで驚くほど楽に遠くまで行けるはずです。
おすすめの記事