クロスバイク通勤する女性が増加中だが服装が悩み

クロスバイクロードバイクなどのスポーツ自転車を楽しむ女性が増えてきているようです。せっかく高いお金を出して買ったクロスバイク、どうせなら休日だけでなく通勤でもフル活用したいものです。

しかし女性がクロスバイク通勤するときの悩みが服装です。ママチャリと違ってまたぎにくいクロスバイクはスカートでは乗れません。

そこで今回は初心者が知りたい女性がクロスバイク通勤するときの服装について紹介していきます。

女性がクロスバイク通勤するときにおすすめの服装【自転車の初心者は必見!】

女性がクロスバイクで通勤するときのポイント

会社で着替えができるのか

カジュアルな服装での勤務が許されている会社であれば問題ありませんが、仕事中の制服着用を義務付けられている会社の場合、着替えが必須となります。

クロスバイク通勤するときには会社で着替えができるのかがポイントになります。

日焼け対策は万全に

女性であれば誰でも悩むのが通勤時の日焼けです。

春先から夏にかけて日焼け対策をする人が多いようですが、冬場など紫外線が少ないと思われている季節でも、毎日となるとかなりの量の紫外線を浴びてしまいます。

クロスバイクで通勤するときは毎日必ず日焼け対策をしておきましょう。

女性がクロスバイク通勤するときの服装

スカートでは乗れない

ママチャリに乗るときはサドルの前からまたぎますが、クロスバイクに乗るときは後輪をまたぐようにしてサドルに座ります。

これはクロスバイクなどのスポーツ自転車は、トップチューブとよばれるフレームの一部分が高い位置にあるからです。そのためスカートを履いたままクロスバイクに乗れないということです。

また、裾が広がったパンツなども、むき出しになっているチェーンとギアに絡む可能性があるので避けたほうがいいでしょう。

クロスバイクに乗るときはジーンズやチノパン、ストレッチ素材のパンツなどが動きやすくておすすめです。

アウターを用意しておく

自転車は想像以上に運動量が多くて、汗をかいてしまいます。真冬でも10分もこげば体が熱くなるほどです。

特に上半身が汗をかきやすいので、簡単に脱ぎ着できて携帯しやすいアウターを用意しておくと便利です。体温調節をうまく行って風邪をひかないようにしてください。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
乗って楽しいクロスバイクですが、スポーツ自転車といわれるだけあって乗るときの服装が限定されてきます。クロスバイク通勤でスーツにスカート、ストッキングは不向きです。着替えや日焼け対策を万全にしてクロスバイク通勤を楽しんでください。
おすすめの記事