なぜリアディレイラー(変速装置)の調整をする必要があるのか

変速付きのロードバイクには必ずといってよいほどリアディレイラー【Wiggle】が装着されています。

ロードバイク購入時のリアディレイラーはショップでキチンと調整されているので、バシバシと気持ちよく変速が決まります。

ロードバイクのリアディレイラー(変速装置)の調整6

しかし、数百キロ乗ってケーブルに馴染みによる伸びが出たり、不意にリアディレイラーに力を加えてしまって微妙な位置ズレを起こしたりすると変速が鈍くなってきたりします。

酷くなるとチェーン落ちしてフレームやホイールに傷を付けたり、最悪は後輪ロックして転倒の恐れも。

ロードバイクに乗っていて変速が上手くいかないと結構なストレスを感じるものです。特にロングライドで変速が決まらないと疲労を増長させてしまいます。

リアディレイラーの調整は基本を理解すればそれほど難しくはありません。調整法を覚えて現地でもサッと調整できるように頭に叩き込んでおきましょう。

リアディレイラーの調整

Rakuten(楽天)

➤➤➤リアディレイラー

Amazon.co.jp

➤➤➤リアディレイラー

※ここではシマノ製10スピードのリアディレイラー調整について解説していますが8、9スピードでも基本的な調整は同じです(本ページで使用している図は(株)シマノ様の取扱説明書から引用しています)。

 

1.チェーンの長さを調節する

ロードバイクのリアディレイラー(変速装置)の調整1

まず基本となるのはチェーンの長さです。

フロントを最大ギア、リアを最小ギアにしたときに、リアホイール(リアギア)中心とテンションプーリー中心を結んだ線が地面と垂直になるようにチェーン長さを調整するようにします。もし28Tや30Tのリアギアを使う場合には、チェーンを短くしすぎないように注意しましょう。

チェーン長さは組み付け時に調整するので、ショップで調整されているものでしたらほぼ問題ないですが、自分でチェーンを交換するときのために覚えておくといいでしょう。

 

2.トップギア側の調整する

ロードバイクのリアディレイラー(変速装置)の調整2

調整はまず、トップギア側の調整から行いますので予めトップギアに変速しておきます。

車体の後方からリアディレイラーを見て、ガイドプーリーの中心がトップギアの外側の線上にくるようにトップアジャストボルトを回します。

ポイントはガイドプーリーの中心がトップギアの外側の線上にくるということです。トップギアの中心線上ではありません。

注意点として、調整ボルトを回す際には一度にグルグルと回さないようにし、1/8~1/4回転ずつ少しずつ回すようにしましょう。

また、調整ボルトを回した方向と量をその度にメモしておくこともポイントです。そうしておけば調整範囲を超えてしまったときでも元の状態に戻すことが可能となります。

新たにケーブルを張った場合には、一旦、リアディレイラーに固定した後、図のように手で引っ張って初期伸びを取り、再度リアディレイラーにケーブルを固定し直します。

 

3.ローギア側の調整

ロードバイクのリアディレイラー(変速装置)の調整3

次にローギアに変速をして、ロー側調整をします。

こちらはトップ側調整と異なり、ガイドプーリーの中心がローギアの中心線上(真下)にくるようにローアジャストボルトを回して調整します。

 

4.ガイドプーリーの間隔を調整する

ロードバイクのリアディレイラー(変速装置)の調整4

リアディレイラーにはBテンションアジャストボルトが備わっており、ギアとガイドプーリーの間隔を調整できるようになっています。調整方法としては、フロントローギア、リアは最大ギアにチェーンが位置するように変速しておき、クランクを逆回しします。

このときにチェーンづまりしない位置までガイドプーリーがギアに近づくようにテンションアジャストボルトを回していきます。

次にチェーンがリア最小ギアに位置するように変速して、チェーンづまりが無いことを確認します。

 

5.最終調整はケーブルの張りを微調整する

ロードバイクのリアディレイラー(変速装置)の調整5

リアディレイラーの最終調整は、ケーブルの張りを微調整してベストの状態にもっていきます。

まずはリアを最小ギアから1段大きいギア(2段目)に変速します(フロントはトップギア)。それからシフトレバーを遊び(ガタ)の分だけ押し込んだ状態でクランクを回して次の調整をします。

  • もし、3段目に変速した場合には、チェーンが2段目に戻るまで調整ボルトを時計方向(右回し)に1/8~1/4回転ずつ回します。
  • 全く音鳴りがしない場合にはチェーンが3段目に接触して、音鳴りがするまで調整ボルトを反時計方向(左回し)に1/8~1/4回転ずつ回します。

ベストな状態はシフトレバーを遊び(ガタ)の分だけ操作した状態で、チェーンが3段目に接触して音鳴りがしていても、3段目に変速しないのがベストな調整です。この状態になったら各段全てに変速して音鳴りが無いことを確認しましょう。

サイクリングで変速の切れ味に不満を感じたら、このケーブルの張りの微調整でほとんど解決するはずですので、ぜひマスターしておきましょう。

また、走行中にフレームのアウターアジャストボルトを回すことにより、停車せずにケーブル張りの微調整ができることを知っておいてもいいかもしれません。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
変速を頻繁に行うロードバイクですので不調が生じると結構気になりますし、ヒルクライムなどで負荷が掛かった状態での変速不調は危険でもあります。リアディレイラー調整はポイントさえ覚えればそれほど難しくありませんので、ぜひ覚えておきましょう。
おすすめの記事