ロードバイクのサドルの交換・調整方法

ロードバイクのサドルの交換・調整方法

交換は簡単だが調整は奥深いロードバイクのサドル

ロードバイクサドル交換は比較的簡単な作業です。使用中のサドルがお尻に合わなければ自分で交換してみるのもいいでしょう。

しかしサドル位置の調整は微妙な作業です。高さに加えて前後位置や角度が合っていないと、お尻の痛みを引き起こすからです。

そこで今回はロードバイクサドル交換調整方法ついて紹介していきます。

ロードバイクのサドルの交換・調整方法

ロードバイクのサドルの交換や調整に必要な工具

ロードバイクのサドルの交換・調整方法

Rakuten(楽天)

➤➤➤携帯 自転車工具セット【楽天】

Yahoo!ショッピング

➤➤➤携帯 自転車工具セット【Yahoo!】

ロードバイクのサドルの交換や調整には六角レンチが必要です。外出先でサドルの高さや前後位置、角度を調整することが多いので携帯用自転車工具を持っていると便利です。

携帯用自転車工具には六角レンチ以外にも、ドライバーやチェーン切りなどがセットになっているので走行中のトラブルにも対応できます。

ロードバイクのサドルの交換方法

ロードバイクのサドルの交換・調整方法

1.ボルトを緩めてサドルを外す

シートレールを挟み込んでいる、やぐらのボルトを緩めます。ある程度まで緩めれば、やぐらの隙間からレールを抜くことができてサドルが外れます。

2.新しいサドルを固定する

やぐらに新しいサドルをはめたら、ボルトを締めて固定します。やぐらのボルトが複数あるときはそれぞれを均等に締めていきましょう。

3.前後位置と角度を調整する

サドルの前後位置を調整します。角度は水平が基本です。測定には水準器があると便利です。

ロードバイクのサドルの調整方法

サドルの高さを調整する

ロードバイクのサドルの交換・調整方法

サドルの高さを変えるときはシートクランプのボルトを緩めてシートポストを上下させます。

高さを変える前に現在のサドル高を測定しておきます。サドル上面とボトムブラケット中心までの距離を測っておき、その数値を基に上下させます。

ロードバイクのサドル高は最終的に数mm単位で調整するものなので、現在のサドル高を把握しておくことが非常に重要です。

サドルの前後位置と角度を調整する

ロードバイクのサドルの交換・調整方法

サドルを固定しているやぐらのボルトを緩めると、前後位置と角度を調整できます。

サドル位置とハンドル位置の関係は、まずサドル位置を決めてからハンドル位置をステム交換などで調整します。サドル位置は膝の位置で決まるので、これを優先します。

ハンドル位置に合わせてサドルを前後させると、最悪膝を傷めるので要注意です。

サドルの角度は座面が水平になるのが基本です。サドルの形状によって前上がりや後ろ上がりにすることもあります。調整するときは0.5度刻みで動かして、自分に合った角度を探してください。

ロードバイクのサドルは同じ形状であっても高さや前後位置、角度によって座り心地が変化します。お尻が痛くなったときはまずサドルの高さや前後位置、角度を再調整してみて、それでも痛みが消えないようなら違う種類のサドルに交換してみましょう。

この記事のライター:「絶対ハマるROAD-BIKE CROSS-BIKE」管理人
どんなに座り心地のいいサドルでも、高さや前後位置、角度が合っていないと痛みを引き起こしてしまいます。自分に合ったサドル高や前後位置、傾きを知っているとサドル選びの基準ができてハズレを引く確率が下がります。数値データを必ず記録しておきましょう。

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

ロードバイク1位
➤➤バイクショップWiggle
海外の通販ショップならWiggle。日本語のサイトや日本人によるカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
ロードバイク2位ワールドサイクル(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤ワールドサイクル
豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
ロードバイクショップ3位Bebike(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤Be.BIKE
こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。