ロードバイク初心者はコンパクトクランクを選ぶべきなのか

ロードバイクのクランクには「ノーマルクランク」と「コンパクトクランク」があります。

コンパクトクランクは、ロードバイク初心者や貧脚な人が使うものといわれます。はたして本当なのでしょうか。

そこで今回は、ロードバイクのノーマルクランクコンパクトクランク違いについて紹介していきます。

ロードバイクのノーマル・コンパクトクランクの違い【効率】

ノーマルクランクとコンパクトクランクの違い

ノーマルクランクコンパクトクランク違いは、チェーンリングを固定しているボルトが描く円の直径の長さを表す「PCD」が違うことです。

一般的にノーマルクランクの PCDは130mm、コンパクトクランクの PCDは110mmとなっています。

ただし近年登場したシマノの4本アームクランクはPCD110mmに統一されていて、ノーマル・コンパクトによるPCDの区別はなくなっています。

ノーマルクランクとコンパクトクランクの違いは、チェーンリングの歯数でも区別されます。

前述したシマノの4本アームクランク登場以降は、チェーンリングの歯数の違いでノーマル・コンパクトを判断することが多くなっているようです。

ノーマルクランク

組み合わされるチェーンリングが53/39のものをノーマルクランクとよんでいます。

コンパクトクランク全盛の現在においてノーマルクランクは少数派になりつつあります。アウター53、インナー39の組み合わせは脚力を要求されるため、剛脚の持ち主やプロ選手でないと踏み込めないことがあるからです。

ロードバイク初心者がノーマルクランクを選択するときは、リアのカセットスプロケットの歯数に注意しなければなりません。特にヒルクライムをするときは30Tや32Tが必須になると思います。

コンパクトクランク

組み合わされるチェーンリングが50/34のものをコンパクトクランクとよんでいます。

自転車はフロント側のギアが小さいほどギア比が下がってギアが軽くなります。そのためコンパクトクランクは脚力が鍛えられていないロードバイク初心者やヒルクライムに向いているといわれています。

セミコンパクトクランク

組み合わされるチェーンリングが52/36のものがセミコンパクトクランクです。

ノーマルクランクとコンパクトクランクの中間に位置する歯数の組み合わせで、オールラウンドに使用できる特徴があって、最近流行しているクランクです。

コンパクトクランクはロードバイク初心者向けなのか

自転車のスピードを決める要因はギア比とケイデンスです。

たとえばノーマルクランク53T/カセットスプロケット18Tとコンパクトクランク50T/カセットスプロケット17Tのギア比はどちらも1:2.94になるので、ケイデンスが同じなら出せる速度も同じになります。

コンパクトクランク=初心者向けとは限らない

上記で説明したように、ギア比とケイデンスが同じであれば出せる速度やギアの重さも同じです。

ギアの重さはクランクの歯数とカセットスプロケットの歯数の組み合わせによって変わるものなので、単純にコンパクトクランクだからギアが軽いとはなりません。

ただしカセットスプロケットの最大歯数に限りがあるので、15%を超えるような激坂に挑む場合はコンパクトクランクのほうがより軽いギア比を選択できて上りやすくなります。しかしこの恩恵を受けるのは初心者もベテランも関係ないはずです。

ロードバイクのクランクは走るシチュエーションに合わせて選択するべきで、初心者だからコンパクト、ベテランだからノーマルというわけではありません。実際にプロ選手であってもステージの地形によってコンパクトクランクを選択することがあるくらいですから。

同じギア比でも効率が違う

前述したノーマルクランク53T/カセットスプロケット18Tとコンパクトクランク50T/カセットスプロケット17Tのギア比はどちらも1:2.94になりますが、効率という面で見るとノーマルクランク53T/カセットスプロケット18Tのほうが有利になります。

チェーンは曲げ角度が強くて接している歯数が少ないほど効率が悪くなるからです。同じギア比であっても歯数が多い(=直径が大きい)クランクとスプロケットの組み合わせのほうが効率がよくなります。

最近のカセットスプロケットはワイドレシオ化して最大歯数が増加していますが、理由のひとつとして効率の向上を狙っているといわれています。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
エントリーグレードの完成車にコンパクトクランクが装着されていることが多いためにコンパクトクランク=初心者向けと思われていますが、本来はカセットスプロケットとの組み合わせで判断するものです。走るシチュエーションに合っていればコンパクトクランクを選ぶべきで、そのほうが楽に速く走れます。
おすすめの記事