ロードバイクのチューブラータイヤのメリット・デメリット

ロードバイクのチューブラータイヤのメリット・デメリット

プロの世界で主流のチューブラータイヤ

チューブラーは伝統的で昔ながらの自転車用タイヤですが、現在でもプロのレースでは主流となっています。

軽量で性能が高くてパンクしにくいチューブラータイヤですが、普段使いに適さないといったチューブラー特有の欠点があるのも事実です。

そこで今回はロードバイクチューブラータイヤメリットデメリットについて紹介していきます。

ロードバイクのチューブラータイヤのメリット・デメリット

チューブラータイヤとは

ロードバイクのチューブラータイヤのメリット・デメリット

ロードバイクで一般的に使われているクリンチャータイヤはタイヤチューブが分離していますが、チューブラータイヤはタイヤとチューブが一体化しています。この構造がチューブラータイヤのメリットであり、デメリットでもあるのです。

チューブラータイヤはその構造ゆえに、専用のホイールが必要になります。クリンチャーやチューブレスタイヤ用のホイールに装着することはできません。

チューブラータイヤのメリット

タイヤとホイールが軽い

チューブラータイヤ最大のメリットが軽さです。プロや上位のサイクリストは、この軽さを求めてチューブラーを選択します。

クリンチャーやチューブレスタイヤ用ホイールと比較してチューブレスタイヤ用ホイールは構造的に重量面で有利です。軽量なタイヤとホイールの組み合わせによって、クリンチャーより数百グラム単位の軽量化が実現できます。

ロスが少なくて走行性能が高い

タイヤとチューブが一体化した構造であるため、タイヤとチューブ間で発生する摩擦や抵抗が少なくエネルギー効率がいいという特徴があります。

パンクに強い

チューブラータイヤはクリンチャータイヤのようなリム打ちパンクが起こりにくく、もしパンクした場合でも急激に空気が抜けることがありません。

そのため多少の距離なら走り続けられるというメリットがあります。

チューブラータイヤのデメリット

価格が高い

クリンチャーに比べて種類が少ないチューブラーは、性能を重視したモデルが多くて金額的に高いものばかりです。また、チューブラータイヤ用ホイールも性能を重視したラインナップになっていて、高価なモデルが目立ちます。

チューブラータイヤはパンクすると使い捨てになることが多く、その面でもランニングコストが高いといえます。

パンク修理が難しい

チューブラータイヤは基本的にパンク修理することができません。パンクしたときはホイールからタイヤを剥がして、新しいタイヤを貼り直します。

パンクしにくいチューブラータイヤですが、いざパンクしたときは使い捨てだと思ったほうがいいでしょう。

この記事のライター:「絶対ハマるROAD-BIKE CROSS-BIKE」管理人
チューブラータイヤは性能的に素晴らしいものの、ロードバイク初心者が普段使いするには敷居が高いかもしれません。レース参戦やタイムアタックなどをするようになったら、チューブラータイヤにチャレンジしてもよさそうです。

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

ロードバイク1位
➤➤バイクショップWiggle
海外の通販ショップならWiggle。日本語のサイトや日本人によるカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
ロードバイク2位ワールドサイクル(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤ワールドサイクル
豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
ロードバイクショップ3位Bebike(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤Be.BIKE
こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。