ロードバイクにおすすめなチューブの選び方【バルブ長さ・パンクしにくい】

ロードバイクにおすすめなチューブの選び方【バルブ長さ・パンクしにくい】

ロードバイクではタイヤよりもチューブ選びが重要

ロードバイクでは、軽量でパンクしにくいタイヤを選ぶことが重要視されています。

しかしタイヤとチューブが別々になっているクリンチャータイプでは、タイヤだけでなくチューブ選びも大切なポイントです。同じタイヤでもチューブの種類により、軽さや乗り心地がかなり変化します。

ここではロードバイクに重要なチューブ選び方おすすめを紹介していきます。

ロードバイクのタイヤに関する参考記事はこちら

ロードバイクにおすすめなタイヤ選び2017【軽い・パンクしにくい・25C】

2016.11.04
ロードバイクにおすすめなチューブの選び方2017【バルブ長さ・パンクしにくい】

ロードバイクのチューブの種類とは

wiggle(世界最大級のサイクルショップ‎)

➤➤➤インナーチューブ【wiggle】

ロードバイクのチューブは素材の材質により大きく2種類に分けられます。

ブチルチューブ

ロードバイクだけでなくクロスバイクやママチャリなど、多くの自転車に使われているのがブチルチューブです。

パンクしにくく、空気抜けが遅いのでとても使い勝手が良いブチルチューブですが、重く、乗り心地が固いというデメリットがあります。

しかしロードバイク用に販売されているブチルチューブには、肉厚を薄くした軽量タイプがあり、パンクしにくさはそのままに軽さを追究したものが人気を集めています。

ラテックスチューブ

天然ゴムを使ったラテックスチューブは、主にレースシーンで人気のチューブです。

ラテックスチューブの最大のポイントは軽さです。一般的な厚みを持つブチルチューブと比較すると半分くらいの重量しかありません。空気圧を高くしてもしなやかなために乗り心地が良く、引裂きに強い性質があるためにパンクに強い特徴があります。

ラテックスチューブのデメリットは空気抜けの早さです。

一週間も放置するとぺしゃんこになっていることがあるくらい空気抜けが早いので、こまめな空気補充が必要です。高熱に弱いためにカーボンクリンチャーホイールに使用するとブレーキング時に破裂することがあります。

チューブを選ぶときにはサイズとバルブ種類に注意

ロードバイクのチューブにはブチルとラテックスといった素材以外にも違いがあり、自分のホイールやタイヤに合ったチューブを選ぶ必要があります。

チューブのサイズ

チューブにはサイズがあり大きさと太さが異なります。ロードバイクで多く使われている大きさは『700』です。チューブの太さは18~23Cや23~25Cといった感じで対応できる幅が表示されているので、自分のタイヤ幅が合致する太さを選びましょう。

バルブの種類

ロードバイクで主に使われているバルブは『仏式バルブ(フレンチバルブ)』です。米式や英式バルブを選ばないようにしましょう。

バルブの長さ

40mmとか60mmといった寸法が記載されていますが、これらはバルブの長さを表しています。バルブの長さは使用するホイールのリム高により選ぶ必要があり、短すぎれば空気を入れることができなくなります。チューブを選ぶ際には必ずホイールのリム高を覚えておき、リム高+20mm程度の長さのバルブを選ぶようにしましょう。

例えばカンパニョーロゾンダC17ホイールの場合、フロントリム高26mm、リア30mmなので、バルブ長50mm程度のものを選べば問題なく使うことができます。

おすすめのロードバイク用チューブ

それではブチルチューブとラテックスチューブのおすすめを紹介していきましょう。

ブチルチューブのおすすめ

高性能タイヤで有名なヴィットリアのチューブです。42mmバルブ長で80gとまずまずの軽さですが、その分パンクには強く、ロングライドでも安心して使うことができるチューブです。

軽量ブチルチューブのおすすめ

ブチルチューブながら0.6mmの薄さでラテックスチューブ並みの軽さを誇る軽量チューブです。36mmバルブ長で65gと抜群な軽さながらパンクに強く、普段使いできる軽量チューブとしておすすめできます。

私もマキシス ウルトラライトチューブを3年間ほど愛用していますが、一度もパンクに見舞われたことがなく、今では軽量ブチルチューブといえばこのマキシス ウルトラライトチューブしか使っていません。

対応幅が18~28Cとほとんどのタイヤサイズで使える点もポイントです。

なお、マキシスチューブにはもうワンランク軽いフライウエイトチューブがありますが、非常に極薄なためレース専用品として使うならおすすめできます。

ラテックスチューブのおすすめ

wiggle(世界最大級のサイクルショップ‎)

➤➤➤ミシュラン エアコンプラテックスチューブ【Wiggle】

フランスのタイヤメーカーとして有名なミシュランが販売するラテックスチューブです。75gと軽量で、ラテックスチューブならではの転がりの良さや快適な乗り心地を、比較的お求めやすい価格で楽しむことができます。

日本製のソーヨー ラテックスチューブですがポイントは何と言っても48gの軽さです。私もラテックスチューブはこのソーヨーを使用していますが、他のチューブから交換したときの漕ぎ出しの軽さは未だに覚えているほどの衝撃でした。劣化防止のためアルミ袋に入れられるなど徹底した品質管理が特徴で、非常に安心して使うことができるラテックスチューブです。

チューブを組み込む前にはタイヤとの貼り付きを防止するためにタイヤパウダーをタイヤ内側とチューブに塗布しましょう。

Rakuten(楽天)

➤➤➤タイヤパウダー【楽天】

Amazon.co.jp

➤➤➤タイヤパウダー【Amazon】

ひと手間掛けてあげることにより、不意のトラブルやパンクを防いで快適なサイクリングを楽しむことができます。

この記事のライター:「絶対ハマるROAD-BIKE CROSS-BIKE」管理人
タイヤには関心があってもチューブのことは気にしない人が多いようです。しかしチューブによる差は想像以上に大きく、ロードバイクのパーツの中で、最も安価で性能を変えることができるのがチューブです。ぜひ自分の用途や好みに合ったチューブを選んでください。

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

ロードバイク1位
➤➤バイクショップWiggle
海外の通販ショップならWiggle。日本語のサイトや日本人によるカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
ロードバイク2位ワールドサイクル(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤ワールドサイクル
豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
ロードバイクショップ3位Bebike(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤Be.BIKE
こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。