ロードバイクのチェーンは必ず伸びる

ロードバイクチェーンは、ペダルを回し続ける限り必ず伸びていきます。

これはチェーンのグレードには関係なく、たとえデュラエースであっても同じことです。

そもそも自転車のチェーンはなぜ伸びるのでしょうか。今回はロードバイクチェーン伸びる原因について紹介していきます。

チェーンのプレートは伸びない

ロードバイクのチェーンが伸びる原因

画像は「サイクルベースあさひ」さんから拝借したものですが、チェーンの構造はこのようになっています。現在のロードバイクのチェーンは右側のブッシュレスチェーンがほとんどです。

チェーンが伸びる=プレートが伸びると勘違いしている人がいますが、プレートの長さはほとんど変化しません。チェーンが伸びる現象は、チェーンそのものが物理的に長く伸びているわけではありません。

摩耗によってチェーンが長くなる

チェーンはチェーンリングやスプロケットに沿うように曲がったり、真っすぐになったりを常に繰り返しながら回転しています。

そのときにピンやローラー、プレートなどのパーツに摩擦が発生して、擦れた部分が摩耗していきます。

チェーンの伸びの原因となるのはローラーとピンの摩耗です。摩耗によってローラーの内径が広がり、ピンの外径がやせ細っていきます。

使用に伴ってローラーとピンが摩耗してガタが増えていき、その結果あたかもチェーンが伸びたようになるのです。

定期的な洗浄・注油がチェーンの伸びを抑制する

チェーンを使い続けると、金属でできたローラーやピンが摩耗していき、削りかすが出てきます。この削りかすを放置したまま走り続けるとチェーンの摩耗スピードを早めてしまいます。

また、走行中に跳ね上げた砂や異物がチェーンにからみつき、チェーンを構成している部品の摩耗を早めます。

チェーンの伸びは定期的な洗浄や注油で抑制することができます。

自転車という乗り物の性格上、100%チェーンの伸びを防ぐことはできませんが、適切な洗浄と注油を行うことでチェーンの寿命を延ばして、パワーロスを最小限に抑えることができます。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
砂や異物がからんだり、油が切れたチェーンはあっという間にガタが発生して伸びてしまいます。さらに伸びたチェーンはチェーンリングやスプロケットを摩耗させてしまいます。適切なメンテナンスがチェーンの寿命を延ばしてパワーロスを防ぎます。
おすすめの記事