ロードバイクのサドルは旅に出るもの?

ロードバイクの世界でよく聞く言葉が「サドル選びの旅」というものです。

もちろんサドルが旅に出るのではありません。ロードバイクのサドルは人それぞれで合う、合わないがハッキリと出ます。

また、存在するサドルの種類も星の数ですので、自分に最適なサドルを探し求めることを「旅に出る」と言います。でも、この旅には終わりがないので深みに嵌らないようにしてください。

初心者からのロードバイクのサドル選び

ロードバイク用サドルの選び方

一見すると同じように見えるロードバイクのサドルですが、形状やレール材質で大きく性格が異なります。

ヒルクライムでは先端から後端までフラットのほうがお尻の位置を変えやすいでしょう。腰痛や尿道の腫れを感じる人には先端が切り落とされたような形状のものや穴あきタイプもオススメです。

坐骨が痛い場合には座面の固さを変えてみるのも有効です。自分に合ったサドルに出会うと驚くほど快適で、お尻が痛くないので旅に出るのを覚悟で探すのもいいかもしれません。

サドルばかりは自分の感覚に合うものを選ぶしかないのです。女性が男性用のサドルに座ると痛みを感じることがあります。

女性に適した形状やおしゃれなサドルが発売されているので交換することをオススメします。

サドルにはサドルバッグを付けることができます。トピークの防水サドルバッグが人気です。大型のサドルバッグの中身としては工具や補給食などを携帯することが可能です。

ロードバイク用サドルの調整

サドルの高さは股下長さで決まってきます。でも、カッコいいからといきなり高さをプロのように上げると膝を痛めますので慣れるに従って調整していきましょう。

まずはペダルが一番下になる位置でかかとを載せ、少し膝が曲がるくらいのサドル高さから始めるといいでしょう。

お尻の痛みや尿道の圧迫感はサドルの 前後位置や角度を調整すると改善することがあります。それでも改善されない場合には座面の大きいサドルや穴あき、溝付きタイプへの交換となります。

サドルの変え方やシートポストへの付け方、調整方法に不安があるときには専門ショップにお願いしたほうが確実です。手間と時間は掛かりますが自分に合ったサドルを見つけましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
長時間に渡って座り続けることが多いロードバイクのサドルはちょっとしたことで大きな違いが出るシビアなパーツです。そのためサドルの形状や寸法、取付け位置でかなり性格が変わってきますのでまずは自分に最適なサドルを見つけることが大切です。
おすすめの記事