ロードバイクの冬用グローブの選び方・おすすめ

ロードバイクの冬用グローブの選び方・おすすめ

ウィンターグローブは冬場のロードバイクでは必需品

冬場ロードバイクは寒さとの戦いです。特に手の指先の保護が大切ですね。

ロードバイクの冬用グローブは様々なメーカーからいろんなタイプが発売されていますが、どれを買ったらいいのか分かりにくいかもしれません。

そこで今回はサイクルウエアでおなじみのパールイズミの冬用グローブの中から、おすすめや選び方を紹介していきます。

ロードバイクの冬用グローブの選び方・おすすめ

オールマイティな5℃対応ウィンターグローブ

パールイズミ ウィンドブレーク ウィンターグローブ 5℃対応

ロードバイクの冬用グローブの選び方・おすすめ

冬用グローブで悩むのが種類の多さです。春先でも使えるような薄手のものから極寒時に対応した厚手のものがありますが、基準となるのが外気温の対応温度です。

パールイズミのウィンターグローブは「0℃」「5℃」「15℃」と3タイプの対応温度をラインナップしていますが、まずは「5℃」対応タイプを選ぶことをおすすめします。

防寒性能だけ見ると0℃対応タイプが一番ですが、低温用になればなるほどグローブが肉厚になっていって手の自由が利きにくくなります。

ロードバイクのグローブは通常の手袋と違って手の動かしやすさがとても重要です。どんなに防寒性に優れていても、シフトやブレーキ操作がやりにくくては使いものにはなりません。

防寒性や通気性、手の動かしやすさを総合すると5℃対応タイプが一番使いやすくておすすめとなります。

極寒地域や山間部を走るときは0℃対応タイプを選ぶ

パールイズミ プレミアム ウィンドブレーク グローブ 0℃対応

ロードバイクの冬用グローブの選び方・おすすめ

真冬のライドや極寒地域を走るときは 0℃対応のグローブを用意しましょう。平地で寒さを感じなくても山間部のヒルクライムを下るときは指先が凍えるくらい痛くなるので、0℃対応タイプでないと耐えられないことがあります。

温度調整に便利なインナーグローブ

パールイズミ インナーグローブ

ロードバイクの冬用グローブの選び方・おすすめ

平地の巡行やヒルクライムの上りでちょうどよくても、走り始めや長い時間の下りになると指先が冷えてしまって苦痛そのものですね。そんなときは冬用グローブの下にインナーグローブを着用すると、保温力をアップできて快適です。

インナーグローブは薄手なので持ち運びに困りません。普段はジャージのポケットに忍ばせておいて、必要なときだけ装着しましょう。

タッチパネルに対応しているグローブを選ぶ

サイクルコンピューターやスマホをいじるときに、グローブの指先がタッチパネルに対応していないととても不便です。

タッチパネルの操作をするたびにグローブを脱いでいたら面倒だし、素手で操作している間に手が冷えてしまいます。

冬用グローブにはタッチパネル対応タイプと非対応のものがあります。

スマホやサイクルコンピューターをよくいじる方はタッチパネル対応タイプを選んだほうがいいでしょう。

冬用グローブは快適なライドを楽しむための必需品です。自分が走るシチュエーションに合ったグローブを用意しておきましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリンさん
海外メーカーからも多数の冬用グローブが販売されていますが、日本の気候条件や日本人の手のサイズにもっとも合っているのがパールイズミのグローブだと思います。冬用グローブは高価なものですが、投資するだけの価値はありますよ。

ロードバイク・クロスバイク通販おすすめランキング

ロードバイク1位
➤➤バイクショップWiggle
海外の通販ショップならWiggle。日本語のサイトや日本人によるカスタマーサービスでイギリスとは思えない感覚で購入できます。
ロードバイク2位ワールドサイクル(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤ワールドサイクル
豊富な品揃えはもちろんですが、迅速・丁寧な対応で多くのサイクリストから高い評判を得ているショップです。 信頼できておすすめ。
ロードバイクショップ3位Bebike(ロードバイク・クロスバイク)
➤➤Be.BIKE
こちらのショップの売りはなんといっても値段の安さです。モノによってはオークションより安いモノも・・・。品物も豊富でおすすめ。

ABOUTこの記事をかいた人

ロードバイク乗りのリンリン

今まで運動やアウトドアには無縁でしたが、マンガの影響を受けてスポーツ自転車の世界に飛び込んでみました。初めはスポーツ自転車のことがまったく分からず色々調べたり、体験したり、失敗したりして少しずつ理解できるようになりました。スポーツ自転車に乗ってみたい、興味がある人に少しでも役に立てればと思いブログを書いています。