ロードバイク用シューズとはどんなものか?

ロードバイクも普通のスニーカーで乗れます。しかしウエアやグローブと同様に、ロードバイク用のシューズがあります。

簡単に言えば、ペダルとシューズ(足)を固定して踏む力だけでなく、引き上げるときの力も利用しようというものです。

このシューズのことをビンディングシューズといいます。ペダルは専用のビンディングペダルを使用します。

初心者からのロードバイク用シューズ選び

ロードバイク用シューズは用途に応じて使おう

ビンディングシューズは万能ではありません。底面を見ると、クリートと呼ばれるペダルに固定する突起物が付いています。それに底面がFRPやカーボンで作られているので非常に固く、曲げることは不可能です。

ビンディングシューズは歩くことを全く考慮していません。なんとか歩くことはできますがペンギンのような歩き方になり非常に不安定なのです。

通勤や通学でロードバイクに乗るなら、普通のスニーカー+フラットペダルがよいでしょう。長距離ライドやヒルクライム、レースなどではビンディングシューズが必需品になります。

ロードバイク用シューズの選び方

ロードバイク用シューズでもサイズ選びは重要です。ビンディングシューズは足にピッタリ合うサイズでないと意味がないので試着をオススメします。

サイズの選び方は、普段の靴のサイズよりも1サイズ小さめを試してみて少しきつめならOKです。ペダリングを開始すると足のむくみが取れてちょうどいいフィット感になるからです。

サイズ表にはEUR、US表記されているメーカーがあるのでcmに換算しましょう。底面がカーボン製のものは軽量ですが硬く、鍛えられてない足だと辛いものがあるので最初は少し柔らかい底面を選ぶことをおすすめします。

冬の時期にはシューズカバーが必要です。非常に通気性のよいビンディングシューズなので冬の寒さだと霜焼けになってしまうからです。

なかには シューズカバーを自作する人もいます。また、急に雨が降ってきたときなどはコンビニ袋などを シューズカバーの代用品として使うこともできます。

ビンディングシューズの人気メーカーランキング上位には SIDI、シマノ、スペシャライズドなどがあります。ビンディングシューズは高価ですし、専用ペダルも合わせて必要になります。

しかし投資額に見合うほどの効果があるので、ぜひビンディングシューズを手に入れることをオススメします。なおビンディングシューズの脱着には慣れが必要なので安全な場所で何度も練習してから公道を走りましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
サイクリングやヒルクライムを楽しむのならビンディングシューズ導入をぜひおすすめします。ロードバイク本来の走りを楽しめるのはもちろんのこと、快適性や疲労感が全く異なってきます。回すペダリングの実現にはビンディングシューズが必需品です。
おすすめの記事