ロードバイクってなに?【初心者のロードバイク知識】

ロードバイクという名前は聞いたことがあるかもしれません。

通常「自転車」というと軽快車、いわゆる「ママチャリ」を想像されると思います。しかしロードバイクはママチャリと同じ自転車の仲間ですが全く違う乗り物です。

ほとんどの自転車には、荷物を運ぶための前カゴや荷台キャリアが付いています。しかしロードバイクにはそのようなものは付いていません。主にレースで競うことを目的として作られているので、速く走ることのみを考えて設計されているからです。

今までは極一部のマニアが乗ると思われていたロードバイクですが、最近ではエコな乗り物として通勤や通学の足として使用する人が増えてきました。

ロードバイクダイエットにも有効です。

実際に私も3ヶ月ほどで12キロ減量に成功しました。特に女性にはウエスト周りや太もものシェイプアップにロードバイクは最適だと思います。

初心者でもロードバイクに乗れるの?

乱暴な言い方をすれば、初心者でもロードバイクに「乗れます」。

基本的な乗り方は普通の自転車と同じです。最初のうちはハンドルやサドル高さに戸惑うかもしれませんが、慣れれば普通の自転車に乗るよりも遥かにラクです。

ロードバイクの基礎知識

ロードバイクと普通の自転車の違い

普通の自転車ロードバイクには大きな違いがあります。ロードバイクに乗る前に、まずは基礎知識を知っておきましょう。ロードバイクと普通の自転車の決定的な違いは、その目的が違うということです。

前述したように、普通の自転車には前カゴや荷台キャリアが付いていたり、ドロ除けやスタンドなどが付いています。しかしロードバイクにはこれらの装備が付いていません。その理由は速く走ることを目的にしているからできるだけ軽くするためです。

このようなことから、例えばコンビニまで買い物に行くのであれば、ロードバイクはあまり向いていません。ロードバイクはフレームを基本に、ハンドルやクランク、サドル、ホイールなどを好みや自分のレベルに合わせて交換することができます。

ロードバイクのパーツは国内外のメーカーからたくさん発売されているので、知識と技量があれば自分自身の手でカスタマイズすることが可能です。

最初は吊るし状態で乗っていても、徐々に手を入れていって、気づいたらフレーム以外のパーツを全て交換していたなんてことはよくある話です。ロードバイクの魅力にハマる人は結構多いですよ。

あなたもぜひロードバイクの世界に足を踏み入れてください!

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
自転車というジャンルの中でもロードバイクの存在は別格です。値段が高いのに買い物などには使えず、取り扱いに繊細さが求められるロードバイクですが、多くの人がのめり込んでいくのには訳があります。もしあなたがロードバイクに興味があるなら、スポーツサイクル店などで現物をじっくり見ることをおすすめします。
おすすめの記事