ロードバイク入門・選び方

「マンガやアニメの主人公が乗っているロードバイクに乗りたい!」

「街で見かけたカッコいいロードバイクが欲しい!」

「ダイエットを兼ねた気分転換でロードバイクに乗りたい!」

でもロードバイクを始めるのってどうすればいいのかしら?ここではロードバイク入門前に知っておきたいことを話していきます。

ロードバイクを選ぶには

ロードバイクを買おう!と決心しても「どれを買ったらいいの?」と迷うほどにメーカーの数があり、車種があります。

ロードバイクの値段は安いもので5万円程度からありますが、上は100万円以上、中には300万以上のものもあり、それこそピンからキリまであります。

また、値段だけでなくフレームと呼ばれる骨格の材質やサイズにも色々種類があり「いったいどれにしたらいいの?」と悩んでしまいます。

ロードバイクを購入するショップの選び方

いくらカタログや写真を見ても、ロードバイクの実物を見ないと本当に欲しいものかどうか分かりませんね。いくつか気に入ったメーカーや車種が見つかったら近所にある自転車屋さんに行ってみましょう。できればロードバイクを多く扱っている専門店のほうがいいですね。

ロードバイクは自分に合ったサイズを選ぶ必要があり、そのための身長や手の長さ、股下寸法などを測る必要があります。また、購入後にメンテナンスや修理をしてもらうこともあるので、ロードバイクを購入するショップ選びは慎重におこないましょう。

ロードバイクを購入したら

ロードバイクを買ったら注意することがあります。

まずは自転車防犯登録を必ずしましょう。これはロードバイク購入時にショップで登録代行をしてくれます。費用は500円程度です。

自転車保険にも加入しましょう。対人や対物への補償のための保険です。最近では自転車事故での高額賠償請求の例もいくつかあるので、イザというときのために加入をおすすめします。費用は年間で3~5千円程度です。

道路交通法によると自転車は「軽車両」にあたり、歩道ではなく車道の端を左側通行することが定められています。特にロードバイクは慣れてくると時速20~30キロは軽く出るようになるので必ず車道を走るようにしましょう。

ロードバイクに慣れてくると、通勤や通学もロードバイクで行きたいと思うようになるかもしれません。天気の良い日にロードバイクで走ると気分もスカっとするし、休日にはちょっと遠くの山や川までサイクリングに行くとダイエット効果も期待できます。

気分転換や健康、ダイエットに最適なロードバイクを楽しみましょう!

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
ロードバイクを長く楽しむための第一歩が自分の体型に合ったサイズのフレームを選ぶことです。サイズの合わないロードバイクは乗る気が失せるほど苦痛ですのでサイズ選びは慎重に行いましょう。自分に合ったフレームを手にすれば、その後のロードバイク人生が楽しくなること間違いなしです。
おすすめの記事