苦手・嫌いな人が多い危険なダウンヒル

ロードバイクで走るときには、平坦な道もあれば、上り坂もあります。そして、下り坂を走るときには、スピードが出るので、より一層の注意が必要です。

一歩間違えれば命の危険もあるロードバイクだからこそ、ダウンヒルでは安全に走行するための運転技術が求められます。

「ヒルクライムが好き」と言うサイクリストはいますが、「ダウンヒルが好き」という話を聞くことはほとんどありませんよね。逆に言えば、ダウンヒルが嫌いだったり苦手な人は多くいるわけです。

今回はロードバイクダウンヒルをするとき、安全に走るための方法を紹介します。

ダウンヒルの危険性

下り坂では、ペダルを踏まなくてもスピードが出ます。

スピードが出るほどバイクコントロールが難しくなり、落車などのリスクが高まります。

体を守るものがヘルメットぐらいしかないロードバイクで落車をしてしまうと、命の危険すらあります。

ダウンヒルをするときには、そういったことを意識した上で、確実なテクニックを身に着ける必要があります。

具体的なポイントとしては、「心がけること」「アイテム・装備」「テクニック」の3つに分けて解説をしていきます。

ダウンヒルを安全に走るためのの心がけ

全てにおいて「余裕のあるダウンヒル」を心がける

ダウンヒルを安全に走るためには、技術的なことも装備やアイテムも必要ですが、最も大事なことは「心がけ」です。

ダウンヒルは死の危険性も高くなりますが、心がけ次第でそのリスクを極限まで減らすことができます。

大事なことは、「保守的に安全第一を最優先」。

カッコよく走るために無理をしたり、憧れの上級者と同じスピードに近づきたいとか、恐怖を感じる領域に踏み込むような走り方はダメですよ。

自分の限界ギリギリでダウンヒルを走ると、路面の段差、落ち葉、砂、小石など、ちょっとしたことで大事故に繋がります。

自分の技量に合っていない領域に入ると、人間は「怖い」と感じるものです。怖い状態になると緊張して体が思うように動かなくなります。

心理的に余裕が持てるスピードを維持して、ギリギリを攻めるのではなく保守的に安全第一でダウンヒルを走りましょう。

ダウンヒルを走るときにおすすめのアイテム・装備

ハードなダウンヒルを走るときにあった方が良い装備やアイテムは様々ありますが、絶対に重要なのは「タイヤ」と「ブレーキ」の2点です。

ヘルメットやハンドル、サドルやペダルも重要ですが、ダウンヒルではタイヤとブレーキよりも重要なものはありません。

ブレーキ

ダウンヒルではブレーキの性能が悪いとコントロールができなくなるばかりか死に繋がります。

ブレーキはスバリ「105以上」です。

おすすめは「SHIMANO(シマノ) DURA-ACE R9100シリーズAmazon」ですが、価格的に厳しいようであれば「SHIMANO(シマノ) BR-R7000 F/RセットAmazon」でも良いと思います。

ブレーキを交換した後に走ってみると、かかり具合が全く違うことに驚きます。命に関わるパーツなのであまりケチらない方がいいですよ。

タイヤ

路面と接している唯一のパーツがタイヤですね。

性能の低いタイヤでダウンヒルを走ると、グリップ力がなさすぎて車体を倒せません。感覚的に「怖い」と感じるでしょう。

怖くてスピードが出せないということもありますが、それよりもブレーキで減速するときに思ったようにならないことの方が問題です。

とにかくタイヤは高性能のものを使いましょう。

ダウンヒルのテクニック

ダウンヒルのテクニック「後輪荷重」

ダウンヒルでスピードが出ている状態では、体重が前に傾いてしまいます。

その状態でブレーキを掛けてしまうと、後輪が浮き上がり、前方に1回転してしまうこともあります。

そのため、ダウンヒルでは、後輪に体重を掛けるような乗車姿勢をした方がいいでしょう。

具体的には、下ハンドルを持って、サドルの後側に座ることでできます。

ダウンヒルでは、後ろ側へ体重を掛ける意識を忘れないでください。

ダウンヒルのテクニック「ブレーキング」

ダウンヒルではスピードが出るので、ブレーキングによる減速がとても重要です。

スピードが出すぎないようにコントロールすることも大切ですが、減速のタイミングについても意識すべきポイントがあります。

コーナーに入るときには、必ずコーナーに入る前に、曲がり切れる速度まで減速してください。

曲がっている最中にブレーキーを強くかけてしまうと、スリップの原因にもなります。

また、ブレーキングを行うときには、後輪荷重を忘れずに意識してください。

ダウンヒルのテクニック「視野」

ロードバイクの速度が上がると、視野が狭まってしまうため、周囲の状況が把握しづらくなります。

そのため、ダウンヒル時には広い視野を保つ意識が必要です。

路面の状況やコーナーの角度、周囲の車など、リスクになりそうなものを確実に視界にとらえておくことが重要です。

この記事のライター:広島のサイクリスト拓海
ダウンヒルで落車をしてしまうと大ケガに繋がることもあります。安全に走る意識も確かに重要ですが、今回紹介した運転技術を身に着けておくと、より安全性を高めることができますので、ぜひ実践してみてください。
おすすめの記事