ロードバイクの中古とは

気に入ったロードバイクを新品で購入するとなると、結構な予算が必要になります。オートバイと遜色ない値段のものもかなりあり、躊躇する人も多いようです。

ロードバイクは人気があるので中古市場もそれなりに確立されています。

「ロードバイクに興味があるけど、飽きたりしたらもったいないので最初は安いのが欲しい」そんな人には中古を購入するのがいいでしょう。

また、中古パーツも数多く販売されているので上手に利用するといいですね。

ロードバイクの中古を買う

ロードバイクの中古を買うには

中古ロードバイクの購入には、中古専門の買い取り販売専門店があります。

中古専門店では今まで乗っていたロードバイクの買い取りを行ってくれるので、次のロードバイクの購入資金にすることが可能です。同じ店舗で今まで乗っていたものを売って、次のロードバイクを買うこともできます。

また、このような買い取り販売店では通販による買い取り販売も行っているので、上手く利用するといいでしょう。

オークションにも多数の中古ロードバイクやパーツが出品されています。なかにはかなりの激安で出品されていることもあるので、こまめにチェックしてみるのもいいでしょう。

また、ロードバイクはレースでの優勝記念モデルなどの限定品が販売されることがよくあります。しかし新品では限定品であるが故になかなか入手できません。

そのような入手困難な限定品や既に生産が終了しているものでも、オークションなら手に入れることができるかもしれません。

中古ロードバイクの注意点

ロードバイクに限らず、中古品にはメリットデメリットもあります。

良品を安く購入できたと思っていたら、実際には寿命寸前のものだったなんてこともあります。

実際に実物を目で見て確認するのが一番ですが、実店舗でないネットやオークションの場合は写真や出品情報で判断するしかありません。

ロードバイクに関する知識のないうちは、中古の実店舗で現物を確認して購入するか、ロードバイクのベテランに判断をしてもらうようにしましょう。

稀に未使用品のロードバイクやパーツが出回ることがあります。ロードバイクを買ったが乗る機会がなく売却したいと考える人が意外と多くいるものです。これら掘り出し品を見つければほぼ新品のものが激安で手にいれられます。中古市場のチェックはマメに行いましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
予算が厳しい時や掘り出し物を見つけたい時には中古を利用することでより一層ロードバイクを楽しむことができますが、知識や目利き力が無いうちはあまり手を出さないほうがいいかもしれません。中古は価格の安さが魅力ですが、安全性も重視するようにしましょう。
おすすめの記事