予算20万円で選ぶロードバイク【最新版】

予算20万円ロードバイク選びになると、フレーム素材にカーボンが選択肢に入ってきます。

また、コンポーネンツがシマノだと、Tiagraや105グレードにランクアップするので、よりスムーズで快適なライドを楽しめます。

趣味としてのロードバイクには最適な価格帯かもしれません。

 

Bianchi IMPLUSO

GIOS FELLEO 105

快適性重視のポジション、アルミフレームのロードバイクです。通勤や街乗りはもちろんのこと、レースからロングライドまでオールマイティに使える1台です。シマノ105 11速装備。ビアンキのイメージカラーであるチェレステカラーが魅力です。

 

GIANT TCR ADVANCED 2

GIANT TCR ADVANCED 2

上位機種と同じアドバンス、カーボンフレームを採用。オーバードライブ規格のカーボンフォークと相まって素直なハンドリングを実現しています。ロードレースやヒルクライムに最適な1台です。

 

GIANT AVAIL ADVANCED 2

GIANT AVAIL ADVANCED 2

身長145cm前後から乗車可能なフレームサイズ展開の女性専用モデルです。新型カーボンフレームがもたらすロングライドでの快適性、専用のディスクブレーキが下り坂や雨天時に安心感を与えてくれます。

 

SPECIALIZED TARMAC SPORT

SPECIALIZED TARMAC SPORT

軽量・高剛性のカーボンフレーム、シマノ105ドライブトレインでヒルクライムに最適なレースロードバイクです。高性能と手の届く価格という完璧な組み合わせを実現した理想の1台です。

 

MERIDA RIDE

MERIDA RIDE 4000

優れた振動吸収性能を持つカーボンフレーム採用。11速の新型シマノ105を採用しし、ロングライドや長距離エンデューロに最適なエンデュランスロードバイクです。手に入れやすい価格を実現したミドルグレードモデルです。

 

BASSO VIPER

BASSO VIPER 5800

スチールフレームメーカーとして定評のあるREYNOLDS製チューブを採用。シマノ新型105を搭載し、クロモリフレームならではのキレのある操作感や乗り心地を楽しむことができる1台です。目立たないけど隠れた名車です!

 

GIOS FELLEO

GIOS FELLEO 105

クロモリフレーム&カーボンフロントフォークが生み出す絶妙な乗り心地が特徴です。シマノ105コンパクトクランクを搭載。レース~ロングライドまでシーンを選ばないで乗ることができる1台です。GIOSブルーがキレイです!

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
予算20万円はロードバイクのユーザー層が多い価格帯ですので、各メーカーから非常に多くの車種がラインナップされています。フレームの材質もアルミ・クロモリ・カーボンから選ぶことができますので自分に合った1台を探してみましょう。
おすすめの記事