電動アシスト自転車にチャイルドシートを付ける

子供の年齢でチャイルドシートを付ける位置が決まる

電動アシスト自転車へ子供を乗せるにはチャイルドシートを付けなければなりません。そのため電動アシスト自転車を選ぶときは、チャイルドシートの取り付け位置を確認しておきましょう。前に乗せるのか、後ろに乗せるのかは子供の年齢で決まります。

子供の年齢によるチャイルドシートの取り付け位置

チャイルドシートは自転車の前か後ろ、または前後に付けます。前乗せにするか、後ろ乗せにするかは子供の年齢で判断します。

※自転車に子供を2人乗せられるのは子供乗せ自転車だけです。

参考記事:電動アシスト自転車に子供を乗せる

前乗せ

2歳ぐらいまでの赤ちゃんは、前乗せのほうが走行中も見ることができて安心です。チャイルドシートによっては3歳ぐらいまで大丈夫と書いてあるものがあります。

しかし子供が大きくなると重さでハンドルが取られて不安定になりやすいので、実際には2歳ぐらいまでと思いましょう。

前乗せの場合は走行風をまともに受けてしまうので、冬の防寒対策は万全にしてあげてください。

後ろ乗せ

2歳児から上の年齢なら後ろ乗せにしましょう。2歳未満でも体重の重い子は後ろ乗せのほうが安定します。

後ろ乗せは前乗せと違い、走行中に子供の様子を見ることができません。そのため子供がふざけてあばれたり、寝てしまうとチャイルドシートから落ちないか心配ですが、シートベルトを締めれば落ちることはありません。

前乗せチャイルドシートで子供を乗せられる期間は短い

前乗せで子供を乗せられるのは2歳ぐらいまでと短い期間です。

2歳児から後ろ乗せにする期間のほうが長いので、それまで子供を自転車に乗せることを控えるようにすれば、前乗せ用のチャイルドシートを買わなくて済みます。

前乗せ用チャイルドシートは、子供を乗せないときに買い物かごとして使うことができます。

実際に子供が大きくなって乗らなくなった前乗せ用チャイルドシートを、買い物かごとして使っているママさんがたくさんいます。前乗せ用チャイルドシートとして活躍する期間は短いですが、無駄にはならないようですね。

子供を2人乗せるには、最初からチャイルドシートが2つ付いている自転車はないので、前後どちらかのチャイルドシートを買って取り付けなくてはなりません。

チャイルドシートは多少高くても信頼できるメーカー品を選びましょう。安いものを買っても、脱落したり子供が落ちてしまったら最悪です。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
電動アシスト自転車が高価なために、チャイルドシートを安いもので済ませたいと考えてしまいがちですが、子供の命を乗せるシートなので値段よりも信頼性が大切です。子供を乗せるときはシートベルトをしっかり締めて、ヘルメットを必ずかぶらせるようにしてください。
おすすめの記事