クロスバイクの安全確保に必要なテールライト

クロスバイクを購入してもリフレクター(反射板)は付属してきますがヘッドライト(フロントライト)やテールライトは付いてこないので別途購入する必要があります。

参考記事:クロスバイク用ヘッドライトの選び方とおすすめ

道路交通法では赤色反射板を装着している場合は尾灯として認められ点灯していなくても問題ありませんが、夜間走行することが多いクロスバイクでは後続車に存在をアピールし、追突を防止して自分を守るためにテールライトの装着をおすすめします。

※テールライトは赤色と決まっているのでヘッドライトを流用することはできません。

クロスバイクのテールライトの選び方・おすすめ【シートステー・取付け】

クロスバイクのテールライトの取り付け方法とは

wiggle(世界最大級のサイクルショップ‎)

➤➤➤テールライト(リアライト)【Wiggle】

テールライトには主に2種類のタイプがあり、それぞれで取り付け方法が異なります。

シートポストに取り付けるタイプ

サドルの下にサドルバッグなどを装着していないときにはシートポストに取り付けるタイプのテールライトが使用できます。スイッチのオン・オフもシートポストに装着すればテールライトに手が届くので走行中でもスイッチを押すことができます。

シートステーに取り付けるタイプ

シートポストにテールライトを付けられないときには後輪側面のシートステーに取り付けるタイプを選びましょう。装着する位置は自動車からの視認性をアップさせるために後方から見て右側のステーにテールライトを付けるようにします。

万全を期するならサドルバッグやバックパック(リュックサック)、ヘルメットなどにテールライトを付けることもできます。その場合にもしっかりと固定し、後続車からはっきりと認識できるよう位置に取り付けるようにしましょう。

テールライト選びのポイントは電池式か充電式か

自転車のテールライトには乾電池などを交換して使う電池式とUSBなどの電源から充電して使う充電式があります。

電池式テールライト

Rakuten(楽天)

➤➤➤テールライト電池式【楽天】

電池式テールライトのメリットは電池切れを起こしても交換用の電池があればすぐに復活できることです。最近のテールライトはLEDを使用しているので電池の持ちが良く、電池の消耗が抑えられています。もし交換用の電池代が気になる場合は、エネループなどの充電池を使えば初期投資は掛かるものの、その後はかなりコストを抑えることができます。

充電式テールライト

Rakuten(楽天)

➤➤➤テールライト充電式【楽天】

ヘッドライト同様、テールライトでも充電式が人気です。USBポートを使って充電するタイプが主流で、クロスバイクに乗らないときに自宅や仕事場で充電するだけで使用できるので便利です。電池式より少し値段が高いですが、交換用の電池代が掛からないのでその分お得です。

テールライトは防水式を選ぼう

泥除けを付けていないクロスバイクには防水式(全天候型)のテールライトを選ぶことをおすすめします。

雨中走行のときはもちろんですが、水溜りや泥を走ると後輪で跳ね上げた水や泥がテールライトに掛かるので、防水式でないとトラブルが起きやすくなってしまうからです。

テールライト(尾灯)を点ける場合には夜間、後方から100mの距離から点灯していることが確認できる赤色の尾灯であることが求められているので、充分な光量を持つテールライトを選ぶようにしましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
夜間でも街灯がある街中を走ることが多いクロスバイクですが、安全のためにはテールライトの装着が欠かせません。ヘッドライト、テールライト、反射材の付いた服装で自分の存在を周囲の交通にアピールし、追突事故などが起きないようにしましょう。
おすすめの記事