クロスバイクを選ぶには?

クロスバイクはスポーツサイクルの中でも日常使用ができる自転車です。

そのため、様々な用途で対応が可能となっています。サイクリングはもちろん、通勤・通学にもクロスバイクは活躍します。値段も比較的安いものから発売されているので、自分の使用用途や予算に合わせて1台を選びましょう。

初心者が注意したいクロスバイクの選び方

クロスバイク選びの注意点

Rakuten(楽天)

➤➤➤クロスバイク

クロスバイクは値段の開きが大きいので初心者からはどれを選んだらいいのか分からないものです。あまりにも安いモデルは変速機やタイヤなどのグレードが極端に低く、満足な性能が期待できないことがあります。

また、街乗り重視タイプとレース向けでは値段も性能も全く異なります。同じクロスバイクでも仕様により様々なので、選ぶときには自分に合うものを慎重に選びましょう。

自分の身長や体型に合ったクロスバイクを選ぶことも重要です。一度購入してしまうとサイズ交換は、ほぼできないのでサイズ選びは慎重に行いましょう。

クロスバイクやロードバイク専門店以外で購入する場合は問題ないですが、ホームセンターなどで購入するときには細部を確認し、本当の意味でのクロスバイクなのかよく確認しましょう。

見た目だけで装備や機能は普通の自転車と同じものがよくあります。この類のものは重かったり性能も低いので本来のクロスバイクを味わうことができません。

自分に合うクロスバイク選び

自分に合ったクロスバイクを選ぶことで長く楽しむことができます。予算によっては中古から選ぶこともアリでしょう。

クロスバイクを製造しているメーカーからは、数多くの種類のクロスバイクが販売されています。

通勤・通学などの厳しい条件に耐えうるタイプのものもあるし、女性向けのフレームサイズ展開も多く見受けられます。予算や使用用途に合うクロスバイクを有名メーカーのラインナップの中から選べば、失敗が少なく安心でしょう。

クロスバイクはロードバイクにはない装備が備わっているタイプがあります。ディスクブレーキなどもそのひとつです。

見た目も良く性能も高いことが特徴のディスクブレーキですが、専用ホイールが必要で少し重量増になる傾向があります。しかしそれを上回る魅力を持っています。

あなただけの1台を見つけてクロスバイクを楽しみましょう。

この記事のライター:ロードバイク乗りのリンリン
一見すると同じように見えるクロスバイクですが、値段や用途によりかなり細分化されています。自分の用途に合うクロスバイクが決まったらサイズ合わせは慎重に行いましょう。せっかくのクロスバイクもサイズが合わなければ苦痛な乗り物になってしまいます。
おすすめの記事