ロードバイク初心者におすすめのローラー台

激安ロードバイクの特徴・違い・危険性に関する質問

ロードバイクの購入を検討しています。

いろいろ調べてみたところ、見た目は高級そうなのに激安なロードバイクってありますよね。

初心者なのでまずは安いものから始めたいと考えていますが、このような激安ロードバイクで始めても大丈夫でしょうか。

 

ロードバイクやクロスバイクには、見た目がそれらしいのに値段が安い「ルック車」とよばれる自転車が存在します。

価値観の問題があるので断言はできませんが、本格的にロードバイクを始めたいのならルック車の購入はおすすめできません。

 

本格的なロードバイクとルック車は別物

ロードバイクの価格帯は幅が広く、数万円程度のものから100万円を超えるものまで様々です。

「ロードバイクに入門するなら10~15万円程度のものから始めよう」といわれますが、一般的な感覚から見ると自転車に10万円近いお金を出すのはとても勇気がいることだと思います。

しかしロードバイクやクロスバイクにも激安化の波が押し寄せていて、「ルック車」とよばれる激安自転車が販売されています。

見た目は本格的なので、激安なルック車を選択しに入れるのは無理もないかもしれません。

※この記事で取り上げているルック車はフランスの有名自転車ブランド「LOOK(ルック)」とはまったく関係がありません。「見た目だけのロードバイクもどき」の自転車のことをルック車とよんでいます。

ルック車の特徴とは

本格的なロードバイクをリリースしている有名メーカーでも、安いロードバイクを販売しています。しかしルック車とは全く違います。

そもそもルック車に定義が存在しないので線引きすることが難しいですが、ロードバイクに慣れた人が見れば一目で分かるほどルック車には特徴があります。

自転車専門店で販売していない

ルック車の最大の特徴は、自転車専門店では販売していないということです。

主に通販サイトで販売されています。ショップの特徴は、日用品などを安売りしている総合通販サイトだったり、ルック車や激安自転車ばかりを扱う通販サイトだったりします。

ロードレースで使われていない

ルック車にもブランド名らしきものがあります。

しかし自転車競技では絶対に見かけないブランドです。

もちろんプロチームのスポンサーに名を連ねることはありません。

使われているパーツのグレードや品質が低い

たとえばシマノならロードバイク用やMTB用といった用途別にパーツが分類されていて、ロードバイクにはロードバイク用のグレードを使うのが普通です。

しかしルック車に使われているパーツには、用途別やグレードといったものが存在しないので、ロード・クロス・MTBのすべてで同じパーツが使われていることが多くあります。

しかも見た目からして安物と分かるようなパーツが付いていて、ロードバイクに慣れた人が見るとすぐに「ルック車」だと判断できるポイントです。

定価と販売価格の差が激しい

ロードバイクが2割も3割も値引き販売されることはあまりありません。

しかしルック車は定価から4割、5割引きが当たり前です。定価と販売価格の差が激しかったら、それだけでもルック車だといえます。

ルック車のデメリットや危険性とは

激安が魅力なルック車ですが、ロードバイクとしてのデメリットを知っておいたほうがいいでしょう。

ルック車のデメリット

耐久性や安全性が未知数

ルック車の怖いところが、耐久性や安全性が未知数という点です。

自転車専門店で販売されている有名ブランドのロードバイクであれば、強度試験をクリアしていて保証やアフターサービスがしっかりしています。

しかしルック車の耐久性や安全性は検証されていないことがほとんどで、保証の真偽も定かではありません。

自転車専門店で整備やメンテナンスをしてもらえない

ルック車が壊れたりトラブルが発生したときに自転車専門店へ持ち込んでも、整備やメンテナンスをしてくれるところはないでしょう。

基本的にルック車はアフターサービス体制が整っていないのでスペアパーツが入手できません。ルック車が壊れたりトラブルが発生したら、自分でなんとかするしかないのです。

ロードバイクとしての品質が悪くて低性能

そもそも本格的なロードバイクでないので当然かもしれませんが、ルック車の性能はママチャリレベルと思って間違いないです。

重量の重さや乗り心地の悪さ、変速の不具合やブレーキの頼りなさなどはロードバイクの比ではありません。

 

ロードバイクルック車違いデメリットについて紹介していきました。いかがだったでしょうか。

値段が安いロードバイク=ルック車とはなりませんが、性能や品質、安全性が低いロードバイクもどきの自転車がルック車とよばれて、結果的に激安になっています。

本格的なロードバイクは入門向けランクでも高価なので、激安なルック車が魅力的に見えるかもしれません。

「見た目だけロードバイクを気取れれば性能なんかどうでもいい」と考える人にとって、最適なのがルック車です。純粋にスポーツ自転車の世界に入門したい方には、有名ブランドのロードバイクをおすすめします。

サイクリングへ行ったときに、ルック車なのがバレると結構恥ずかしいですよ。

 

1万円程度のママチャリが自転車の基準と思っている方には、自転車に10万円近いお金を払うのは考えられないかもしれません。しかし物には適正な相場があって、ルック車が激安なのも理由が存在します。安全性が低いのを承知の上で激安を選ぶ行為は決しておすすめできません。